この星の格闘技を追いかける

【UFC JAPAN】水垣と戦うキャラウェイ。「彼は穴だらけ、でも……」

Caraway & Miesha

【写真】ガールフレンドは、あのミーシャ・テイト。プロテイン・ドリンクを用意するなど、甲斐甲斐しくブライアン・キャラウェイをサポートしていた (C)MMAPLANET

UFC JAPAN 2013が3日(日)に、さいたまスーパーアリーナで行われる。同大会で日本の水垣偉弥と対戦するブライアン・キャラウェイ。

WECでは結果を残せなかったが、UFCでは現在2連勝中と強調さをキープしている。レスリングと柔術の融合を見せるキャラウェイに、水垣戦について尋ねた。

――水垣偉弥選手と戦うブライアン・キャラウェイ選手です。現在、UFCで2連勝中と好調をキープしています。

「UFCでは2戦2勝で、その前に他のイベントで勝っているからMMAでは3連勝中だよ」

――対戦相手の水垣選手にはどのような印象を持っていますか。

「ミズガキのことはとても尊敬しているよ。凄くタフで、彼を仕留めることは難しい。ミズガキに一本で勝ったのはユライア・フェイバーだけだからね。優れたオールラウンダーだ。殴り合いも歓迎しているようだし、やられたらやり返すことを信条にしているようなファイターだと思う。

あまり駆け引きを使うことなく、真っ向勝負。3Rに渡って、ドロドロな試合展開になっても平気だ。そして、相手の攻撃を綺麗に見切って戦うこともない。それがタケヤ・ミズガキというファイターじゃないだろうか。簡単な試合にならないことは確かだよ。技術的に見れば、彼の試合は穴だらけだ。でもグッドシェイプと積極的な姿勢で、戦い切ってしまう。その事実を見逃してはいけないだろうね」

――寝技になってからブライアンは、水垣選手をしっかりとコントロールできる自信がありそうですね

「バンタム級では僕が一番グラップリングに長けていると思う。カレッジまでレスリングをやっていたけど、同時にキャッチレスリングと柔術をしっかりと身につけてきた。多くのレスラーのように背中をつけて戦うことを嫌がるようなことはないし、柔術家のようにレスリングに問題があるわけでもない。

僕はレスリングと柔術の良いところ、どちらも使って戦うことができる。10歳からレスリングをやってきて、それからは柔術とグラップリングに夢中になった。MMAが好きなのは、何よりもグラップリングとの相互作用という部分なんだ。もちろん、レスリングとグラップリングの技術を駆使して、グラウンドでミズガキをコントールする自信は持っている。

今のMMAだと、どれだけボトムからコントロールしたり、腕を折りかけていてもタップを奪わない限り、ジャッジは劣勢と判断してしまうんだけどね。だから、僕はガードからコントロールできるけど、なるべくトップを取って戦うよ」

――ではテイクダウンも武器になりますね。

「もちろん。ただ、スタンドの打撃でKOだって可能だ。ただし、打撃戦はミズガキが望むところだから、わざわざそこで戦う必要はない。打撃でも勝てるけど、僕はMMAファイターだから、ずっと立って戦うのは嫌なんだ。パンチとグラップリングのスキルを織り交ぜて戦う」

――バンタム級で戦うのは2試合目となりますが、フィジカルでアドバンテージを握ることになるでしょうか。

「EXC時代に140ポンドで2度戦っているけど、あの頃と比較して、今は独自のダイエット方法を使い順調に体重を落とせるようになった。バンタム級に落した理由の一つは、しっかりと体調管理が必要となるからなんだ。以前より、摂生しないといけなくなり、結果激しいトレーニングも可能になる。でも、ミズガキはバンタム級では大きなファイターだから、僕と体格は変わらない。肉体的なアドアンテージがあるとは思っていないよ。

彼は逆にバンタム級でずっと戦ってきているから、この階級での経験は彼のほうが豊富だ。まぁ、どうなるか試合が楽しみだよ」

――今回は日本での試合ということもあり、食事や時差など米国で戦うときは状況が違うと思いますが、その辺りで気になることはないですか。

「日本で戦うことは、日本人ファイターに少しは有利に働くことは間違いない。でも、ミズガキだって普段は米国に来て戦っているんだ。ホーム&アウェイは、このスポーツの一部だし、気にしてもしょうがない。

幸運なことに試合が米国時間に合わせて行われるから、そのままの時間で過ごしている。体調は全く問題ない。食事も自分でパックして、たくさん持ち込んだ。あとはケージに入り、強い者が勝ち残るだけだよ」

■UFC JAPAN 2013対戦カード

<ライトヘビー級/5分5R>
ヴァンダレイ・シウバ(ブラジル)
ブライアン・スタン(米国)

<ヘビー級/5分3R>
ステファン・シュトルーフ(オランダ)
マーク・ハント(ニュージーランド)

<ミドル級/5分3R>
岡見勇信(日本)
ヘクター・ロンバード(豪州)

<ライト級/5分3R>
五味隆典(日本)
ディエゴ・サンチェス(米国)

<フェザー級/5分3R>
廣田瑞人(日本)
ハニ・ヤヒーラ(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
キム・ドンヒョン(韓国)
シアー・バハドゥルサダ(オランダ)

<ミドル級/5分3R>
福田力(日本)
ブラッド・タヴァレス (米国)

<バンタム級/5分3R>
水垣偉弥 (日本)
ブライアン・キャラウェイ (米国)

<ライト級/5分3R>
徳留一樹(日本)
クリスチアーノ・マルセーロ(ブラジル)

<バンタム級/5分3R>
カン・ギョンホ(韓国)
アレックス・カサレス(米国)

<ウェルター級/5分3R>
イム・ヒョンギュ(韓国)
マルセーロ・ギマラエス(ブラジル)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie