この星の格闘技を追いかける

【UFC188】ジョニー・ケース、アイポークに負けずトレビノに圧勝

<ライト級/5分3R>
ジョニー・ケース(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
フランシスコ・トレビノ(メキシコ)

左ジャブから右ストレートを狙うケース。さらにローを交えながらパンチで前進する。トレビのサイドキックを掴み、ケージに詰めてボディにえぐるような右を突き刺すケース。スキップで間合いを取り直すトレビノの動きも意に介さず、パンチと蹴りのコンビでプレッシャーを与えていく。トリッキーな攻撃しか仕掛けることができないトレビノに対し、ケースは真っ向から右ミドルを入れ、左ジャブを伸ばす。

右アッパーは空振りになったが、引き続きプレッシャーを掛けるケースはケージにトレビノを追い込み右アッパーをヒット。オクタゴン中央でも右アッパーを入れ、右ロー。と、突然ケースが大きな悲鳴を上げる。アイポークで左目を突かれたケースは目を開くことができない。それでも再開に応じたケースはトレビノの蹴り足をキャッチしてテイクダウン。スクランブルのなかでギロチンスイープによりトップを取り返し、トレビノの腕十字を防いで初回終了を迎えた。

2R、左目は閉じ気味のままのケースは右ハイから右ミドル、続いて左ハイ。トレビノの前進に右フックを狙い、左ジャブを伸ばしていく。やはり視界が塞がれているのか、テイクダウンから寝技に持ち込んだケースはオモプラッタを潰してサイドを奪取。バックに回って、パンチを顔面に打ち込む。そのまま両足をフックしたケースはRNC。トレビノの反応に合わせてギロチンも極めきれずオモプラッタへ。腕を引き抜いたトレビノはトップからがぶってパンチ&ヒザを入れる。試合はスタンドに戻ると、すぐにケースはテイクダウンを取り返しスクランブルのなかで2Rが終わった。

最終回、動きを抑え気味のケースにトレビノがサイドキック。ケースは右アッパーから右フック、トレビノはスピニングバックフィストを繰り出す。ここでも差し上げテイクダウンを決めたケースはしっかりとトップキープで時間の経過を待つ。トレビノは手首を掴んで三角狙い、続いてキムラロックも腕を抜いたケースがハーフからエルボーを落とす。寝技で粘りを見せるトレビノは足を戻して十字へ。担いだケースがバックマウント。マウントに移行しようとしたケースにリバーサルを仕掛けたトレビノが、立ち上がり際にバックへ。離れたケースは残り20秒をつつがなく戦いタイムアップに。試合終了直後に左目を抑えたケースは、カメラに向かって「ワン・アイ」と一言。フルマークの判定勝ちとなったケース、これでUFC3連勝だ。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie