この星の格闘技を追いかける

【Lion Fight22】ジョー・ナッタウットが世界Sウェルター級に

22日(金・現地時間)にネバダ州ヘンダーソンのサンセットステーションホテル& カジノでLion Fight22が開催された。今大会では世界スーパーウェルター級と女子フェザー級の2階級で王座決定戦が行われた。

当初、世界スーパーウェルター級王座決定戦にはケム・シッソーンピーノンの出場が予定されていたがケムが欠場。アトランタ在住のタイ人ジョー・ナッタウットと、英国産の蹴り主体のファイター=サラー・ハリファの間でタイトルが争われた。

試合は序盤からジョーが強さを見せつける。1Rにハリファのヒジ打ちを空振りさせ、バランスを崩したところに右ハイキックを決めて、先制のダウンを奪う。再開後、ジョーは顔面前蹴りでハリファの顔を跳ね上げさせると、ロープまで後退したハリファにヒジを連打してダウンを追加する。

何とか初回を凌ぐハリファだったが、2R以降もジョーがパンチ&ミドルで攻め込み、ハリファの追撃をシャットアウト。ジャッジ3名とも7ポイント差をつける大差の判定でジョーがベルトを腰に巻いた。

また女子フェザー級王座決定戦では米国のティファニー・ヴァン・ソーストがイギリスのベルニス・オルディスを圧倒する。

首相撲に持ち込もうとするオルディスの頬を縦ヒジで切り裂くと、ボディ打ちを交えたパンチのコンビネーションで前進。距離が詰まればヒジ蹴りとヒジ打ちで攻め込み、4R1分44秒、出血がひどいオルディスを見て、レフェリーが試合をストップした。

次回、UFCのファンエクスポ内での大会を控えるLion Fight。今大会では在米タイ人と米国人女子王座の誕生で幕を閉じた。

■Lion Fight22試合結果

<Lion Fight世界スーパーウェルター級王座決定戦/3分5R>
ジョー・ナッタウット(タイ)
Def.2-1:50-43,50-43,50-43
サラー・ハリファ(イギリス)

<Lion Fight女子フェザー級王座決定戦/3分5R>
ティファニー・ヴァン・ソースト(米国)
Def.4R1分44秒by TKO
ベルニス・オルディス(イギリス)

<フェザー級/3分5R>
アンソニー・カストレジョン(米国)
Def.2-1:48-47,47-48,48-47
ジェイソン・アンドラダ(米国)

<ウェルター級/3分3R>
ガストン・ボラノス(米国)
Def.4R終了 by TKO
ダミアン・アーリー(米国)

<女子フェザー級/3分5R>
クリスティーナ・フェレア(米国)
Def.4R0分49秒by TKO
キャリー・カルタ―(米国)

<ウェルター級/3分3R>
ブライアン・デル・ロサリオ(米国)
Def.3-0:50-44, 50-44,50-44
トム・モラレス(米国)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie