この星の格闘技を追いかける

【UFC187】間合いと蹴りの妙技、スコッギンスが接近戦許さず判定勝ち

<フライ級/5分3R>
ジャスティン・スコッギンス(米国)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
ジョシュ・サンポ(米国)

半身の構えからスイッチを多用し下段、前蹴りからパンチ、サイドキックを繰り出すスコッギンス。組みにいくサンポだが、スコッギンスがスッと距離を取り、逆に踏み込んでワンツーを見せる。サンポの突進にシングルレッグを見せ、離れて後ろ回し蹴りと独特の空手を取り入れたファイトを展開するスコッギンスが、サイドキックでボディに入れる。サンポのダブルレッグを切ったスコッギンスは左ローから左ミドルを入れる。サンポも飛び込んで左ストレートをヒットさせるも、左ストレートから左ミドルを被弾する。終了間際に左ヒザを入れたスコッギンスのラウンドとなった。

2R、スコッギンスがサイドキックと内回し蹴りの間のような蹴りでサンポにヒザをつかせ、立ち上がったところに左ヒザを蹴り込む。一瞬のオーソで右前蹴りを顔面に伸ばすなど、サンポに組み付かせない。残り2分になって、ようやく組み付いたサンポ。スコッギンスがアームロックで切り返すも一旦尻餅をつかされる。即シングルで組み付いてスクランブルからスタンドに戻ったスコッギンスがミドルを受けた直後に、左ミドルを蹴りかえす。サンポも右を打ち込むなど、懸命にペースを握ろうとしてオーソに構えたスコッギンスに左足を足払いで崩す。初回よりも拮抗したラウンドとなった。

最終回、前に出ることでスコッギンスにペースを譲らないよう戦うサンポに対し、スコッギンスが左ミドルから左ストレートを入れる。再び左の掛け蹴りのようなキックを顔面に入れたスコッギンスは、軸足を変えてサンポの組みをすかす。組めないサンポはスーパーマンパンチを見せ、内回し蹴りもキャッチに掛かる。しかし、スコッギンスは前に出て攻撃を入れた直後に離れるため、捕まえることが難しい。残り2分強となったところで、サンポはようやくミドルをキャッチしてテイクダウンに成功する。

クローズドのスコッギンスにサンポはボディから顔面とパンチを落とす。その刹那、スコッギンスは立ち上がり、ノーダメージでスタンド戦に戻る。左ミドルを入れて一旦、右に下がり左回りと、サンポを翻弄するスコッギンスが、最後にテイクダウンまで決めて3Rを戦い切った。結果、スコッギンスがフルマークの判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie