この星の格闘技を追いかける

【Pancrase266】公開練習 マルロン・サンドロ 「今回はちゃんとKOか一本を極めたい」

Marlon Sandro【写真】レオ・サントスのミットに勢いよくパンチを打ち込んでいたマルロン・サンドロ 。特に右アッパーの切れが良かった(C)MMAPLANET

昨日23日(木)、東京都新宿区の和術慧舟會HEARTSで26日(日)に江東区のディファ有明で開催されるPANCRASE 266に出場するダニエル・ロバーツ、マーティン・サノ、マルロン・サンドロの公開練習が行われた。

まずは村山暁洋と対戦するロバーツとレッツ豪太と戦うサノ練習が打撃と寝技のライトスパーを披露し、サンドロがレオ・サントスを相手にパッティング。続いて質疑応答となり、3選手が記者の質問に答えた。ここではマルロン・サンドロの質疑応答の模様をお届けしたい。

──1年半振りの日本での試合です。体調の方がいかがですか。

「コンディション的には特に問題ない。日本にも慣れているので大丈夫だよ」

──ISAO選手のことはどのように思っていますか。元々は1階級上のファイターですが

「情報は余りない。70キロでチャンピオンになったことがある選手だとは聞いているけど、それ以外は知らないんだ。試合の映像を見た限りは、左のパンチが強いね。寝技も優れているよと思う」

──ブランクが1年間空きました。

「Bellatorとの契約があってから、日本にもっと早く来ることができなかった。日本は僕のホームのようなもの、また日本で戦うことができて嬉しいよ」

──今後はパンクラスのベルトを狙っていくということでしょうか。

「もちろん、そのつもりだよ。この試合に勝ち、次も勝ってタイトルを狙いたい」

──パンクラスはケージになり、ルールも変わりました。

「あまりルール変更とか把握していないんだ。でも、大会自体が良くなっているなら、良いことだよね」

──ユニファイドルールですから、ベラトールと同じです。リングの試合、ケージの試合、マルロンとしてはどのように変わってきますか。

「どんなルールで戦っても、主導権を取って自分の距離で戦うことが重要になってくる。パンクラスに関しては、どのように変わって来たのか、この目で見ないと何とも言えないね。とにかく動きのある試合をして、ルールの変化にも対応していきたい」

──前回は内村洋次郎選手と引き分けでした。

「あの試合はドローだとは思っていないよ。あの判定には納得していない。だからこそ、今回はちゃんとKOか一本を極めたいと思っている」

■Pancrase266対戦カード

<バンタム級/3分3R>
飯嶋重樹(日本)
瀧澤謙太(日本)

<バンタム級/3分3R>
統好(日本)
山口亮(日本)

<第21回ネオブラッドTミドル級1回戦/3分3R>
大場慎之助(日本)
ボブ・アームストロング(ニュージーランド)

<第21回ネオブラッドTミドル級1回戦/3分3R>
荒井勇二(日本)
ジョシュア・ロビソン(米国)

<第21回ネオブラッドTウェルター級1回戦/3分3R>
マンモス谷部(日本)
丸山数馬(日本)

<第21回ネオブラッドTウェルター級1回戦/3分3R>
上原広誉(日本)
阿部大治(日本)

<第21回ネオブラッドTライト級1回戦/3分3R>
ロン・スローター(米国)
小林裕(日本)

<第21回ネオブラッドTライト級1回戦/3分3R>
西川純矢(日本)
NORIMICHI(日本)

<第21回ネオブラッドTフライ級1回戦/3分3R>
ヤックル真吾(日本)
後藤琢也(日本)

<第21回ネオブラッドTライトフライ級1回戦/3分3R>
田丸慶輔(日本)
大津ヒロノブ(日本)

<第21回ネオブラッドTライトフライ級1回戦/3分3R>
高橋達也(日本)
アウトロー竜治(日本)

<フェザー級/5分3R>
マルロン・サンドロ(ブラジル)
ISAO(日本)

<フェザー級/5分3R>
ガイ・デルモ(米国)
高谷裕之(日本)

<ライト級/5分3R>
久米鷹介(日本)
奥野“轟天”泰舗(日本)

<ウェルター級/5分3R>
レッツ豪太(日本)
マーティン・サノ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
村山暁洋(日本)
ダニエル・ロバーツ(米国)

<ライトフライ級(-52.2kg)初代王者決定戦進出T決勝戦/5分3R>
阿部博之(日本)
宇都木正和(日本)

<ウェルター級/3分3R>
佐藤洋一郎(日本)
KAZZ(日本)

<スーパーフライ級/3分3R>
山本あつし(日本)
北郷祐介(日本)

<フェザー級/3分3R>
土肥潤(日本)
蓮實光(日本)

<ライト級/3分3R>
クリスMAN(日本)
ロビー・オストヴィッチ(米国)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie