この星の格闘技を追いかける

【UFC94】グイダがネイト退け、名勝負名勝負男対決を制す

71014ba5■第6試合ライト級/5分3R
クレイ・グイダ(米国)
Def.3R終了/判定2-1
ネイト・ディアズ(米国)

【写真】度々バックを奪ったグイダに、何度もアームロックを狙ったネイト。名勝負製造男同士の対戦は、判定2-1でグイダに軍配 (C) ZUFFA

UFCライト級の名勝負男対決、グイダ×ネイト・ディアズ戦。まず組みついたネイトだが、グイダは距離を取る。遠い距離から、右フックを放つネイトに対し、グイダのショートフックがヒット。リーチで上回るネイトが、左から右を伸ばすとグイダはサークリングで距離を取り続けた。

遠い距離から片足タックルでネイトの右足をキャッチしたグイダだが、テイクダウンには至らず、この足を放して再び距離をとる。続いてテイクダウンを狙ったネイトだったが、シッティングガードのように尻をつけた直後、グイダはトップを奪い、パウンドで攻めてバックへ回り込む。


立ち上がり際に両足をフックされたネイトに対し、グイダはサイドへ回りネルソンから首を折りにかかる。そのままグラウンドでバックを奪ったグイダに対し、ネイトはアームロックで耐えるが、持ち上げられスラムでキャンバスに叩きつけられてしまう。再びバックを奪ったグイダは、ネイトが立ち上がって腕をフックしてきたところで向きを変えヒザを顔面に見舞っていく。

2R、ネイト得意の払い腰を耐え、スタンドをキープしたグイダ。ケージに押し込まれながら、ヒザをボディには放ち、向きあうと再びバックへ。スイッチを仕掛けたネイトは、これがならないとみるやアームロックへ。再びスイッチを仕掛けたが、ここでもグイダはバックをとることに成功する。

腰投げでグイダを投げ捨てたネイトは、バックを奪われたままキムラアームロックを狙う。腕を引き抜きバックをキープするグイダに対し、ネイトは二度目の腰投げを放ち、ガードから三角を仕掛けるが、ここで2Rが終了した。

最終ラウンド、スタンドで右ボディフックを放ったネイト。続いてフックを放つグイダと彼の拳が激しく交錯する。ローから右ストレートをヒットさせたネイトは、両手を広げてグイダを挑発する。

ワンツーからボディ、さらにストレートを連打しグイダを追い込むネイト。グイダは組みついてテイクダウンを狙っていく。アームロックからスイッチで耐えるネイトは、バックを許し、たまらず投げを放つ。最終的に片足タックルでテイクダウンに成功したグイダは、スプロールしスイッチを仕掛けたネイトの試みを遮断し、バックに張り付き続ける。グイダが前方に振り落とされ、パウンドを顔面に受けた直後に最終ラウンドが終了した。

バックを制した、その先が見たいグイダだったが、アグレッシブな姿勢で有利な態勢をキープし続けたことが評価され、2-1で勝利。TUF5ウィナーを破り、ライト級トップ戦線への殴り込みを宣言した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie