この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】幕引き金星で。サフィジーヌがウェルター級王者に

<Strikeforce世界ウェルター級選手権試合/5分5R>
タレック・サフィジーヌ(ベルギー)
Def.3-0: 49-46, 49-46,48-47
ネイト・マーコート(米国)

サウスポーの構えのサフィジーヌ、オーソのマーコートがジャブを伸ばす。サフィジーヌは右ローを繰り返す。マーコートも思い切り右ローを見せ、続いて左ローで前足を蹴っていく。慎重な立ち上がりの両者、ローが交錯するなか、マーコートが前に出ると、サフィジーヌの右で一瞬腰が落ちる。

すぐに起き上がったマーコートだが、ケージ際の攻防からケージ中央に戦いが移ると、オーソに戻したサフィジーヌの右フックから左ローを受ける。スイッチを繰り返すサフィジーヌに組みついたマーコートはヒザをボディに突き上げ、首相撲で振り回す。際でエルボーを見せるサフィジーヌが初回を取った。

2R、左ジャブをダブルで見せたマーコートがスイッチしてローを放つ。テイクダウンのフェイントを見せながら前に出るマーコートだが、ダブルレッグに右ミドルが合い、動きが止るシーンも。直後にシングルレッグでごまかし、テイクダウンからバックを伺った王者。サフィジーヌも反応が良く、すぐに立ち上がってマーコートをケージに押し込んでいく。

ケージ際でポジションを入れ替える両者に、レフェリーがブレイクを命じた。左ジャブが伸びるサフィジーヌ、ローや前蹴りなどテンポよく攻める。ダブルレッグを仕掛けても、テイクダウンを奪えない王者は、やや疲れが見えるか。軽い蹴りの応酬から、サフィジーヌの重いロー、さらに右フックがマーコートの顔面を掠める。最後に後ろ回し蹴りを見せたが、空振りしバランスを崩したマーコートのスタミナが心配だ。

3R、ローを蹴り合う両者。マーコートの振りの大きな右パンチをサフィジーヌが足を使ってかわしていく。再びケージ際の組み合いが続くも、サフィジーヌは倒れない。ケージ中央に戻り、マーコートがフライングニーを見せたが、これも距離は合わない。首相撲の王者に、チャレンジャーはボディを打ち込む。

左から右ストレートを伸ばし、軽くヒットしたサフィジーヌ。続いて右ローを蹴り込む。動きが落ちたマーコート、左足にローを連続して受ける。サフィジーヌが思い切り右ローを蹴り込むと、体がよれるようになってきたマーコートは、残り10秒でダブルレッグを切られてがぶりからヒザを受けた。

4R、パンチを散らしローを入れるサフィジーヌ。マーコートが距離を詰めても、首相撲から距離を取りなおす。サフィジーヌのスピニングエルボーは空振りになるが、引き続きローを決め続ける。足が出ず、パンチが手打ちになるかと思われたマーコートだが、アッパー、右フックを打ち込み前に出る。と、パンチの打ち終わりにローを受け、明らかに動きが落ちてしまう。

サフィジーヌが前に出てくるところに、思い切りパンチを振るうマーコートだが、やはり足はついてこないようになってきた。ローのキャッチに失敗したマーコートは、さらにローを被弾する。マーコートは痛みが顔、動きに顕著に表れるようになり、パンチも顔面に打ちこまれる。残り1分を切り、マーコートのパンチにはしっかりとガードを固め、ローを蹴り込むサフィジーヌ、まるでダッチ・キックボクシングをMMAで見せているかのようだ。

最終回、左インローから右アウトローを繰り出すサフィジーヌ。続く右ローで体がよれ、右ハイを顔面に受けそうになる。ケージに王者を押し込んだサフィジーヌは、ここで時間を稼ぎ逃げ切りを計るか。マーコートに首相撲の態勢に持ち込ませず、逆にダーティボクシングでアッパーからダブルレッグ狙いと、サフィジーヌが削り続ける。

右ストレートをヒットさせ、ローから距離をとるチャレンジャー。マーコートのダブルレッグを簡単に切ると、ケージ際に移動。マーコートが体を入れ替えるも、挑戦者は時間が過ぎるのを持っているように見える。残り2分を切り、パンチやヒザを見せたサフィジーヌがケージ中央に戻る。

打撃のプレッシャーに下るようになったマーコートは、ここでダブルレッグでテイクダウンを奪われ万事休す。ほぼ勝利を手中に収めたサフィジーヌが、残り10秒もパウンドを落し続けた。ストライクフォース、最後のイベント。そのメインイベントで、完全にアンダードッグと目されていたサフィジーヌが、抜群のテイクダウンディフェンスを見せ、ローでマーコートを削り続けた結果、3-0 で判定勝ちを収めストライクフォース世界ウェルター級王座を戴冠。

「長い間、ハードトレーニングをしてきた。キックは僕の武器だし、作戦通りだった。ベルトが腰に巻かれているのが、信じられない。チャンスを与えてくれたスコット・コーカーに感謝している」と語ったサフィジーヌ。ベルトはすぐに飾りに変わるが、ベルギー人とした北米メジャーで初のベルト奪取を果たした勝利は、永遠に語りつがれるだろう。

また、最後にケージに姿を現したスコット・コーカーは、「タフなことだけど、その時が来たということだ。これからもShowtimeでボクシングを見続けるよ」と、27年前にキックからプロモートを始めたストライクフォースの代表として最後の言葉をShowtime中継で語った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie