この星の格闘技を追いかける

【UFN64】マヌワがサポーターの後押し受けたブラホヴィッチを相手に快勝

<ライトヘビー級/5分3R>
ジミ・マヌワ(英国/9位)
Def.3-0:30-27,30-27, 39-28
ヤン・ブラホヴィッチ(ポーランド)

計量時と同じように場内にブラホヴィッチ・チャントが起こる。ブラホヴィッチの左ジャブに対し、マヌワは左ミドルを見せる。ブラホヴィッチが左ジャブを続け、左へ回る。マヌワは左フック、さらに左ストレートからボディショット。組んでからもボディにヒザを入れ続ける。左右のヒザをボディに受けたブラホヴィッチも、ヒザを返していく。離れると、マヌワは左ハイ。ブラホヴィッチも左ミドル、マヌワのサイドキックを掴むがテイクダウンは奪えず、逆にケージに押し込まれる。

残り100秒でブレイクが掛かり、試合はオクタゴン中央で再開される。互いにパンチを単発で出すと、即組み合う展開に。ブラホヴィッチが体を入れ替え、マヌワをケージに押し込むも自ら離れる。マヌワは左ミドル、ブラホヴィッチは右アッパーから左ハイを繰り出す。マヌワも左ハイを返し、右ローを蹴り込んだところで初回が終わった。

2R、マヌワはサイドキック、ブラホヴィッチが左ローを返す。前に出るマヌワ、腕を伸ばしてブラホヴィッチが下がると指が目に入ったとアピールし試合は中断される。再開後、ブラホヴィッチが左ミドルから左ストレートを伸ばす。マヌワも左フックを放つが、ブラホヴィッチも左ストレートを見せる。両者、胸を合わせた状態でマヌワがケージにブラホヴィッチを押し込む。ケージ際の攻防が続き、両者が細かいパンチやヒザを見せる。残り2分で両者が離れると、マヌワは左ボディフック。ブラホヴィッチがショートの左アッパーを決める。再びケージ際で組み合いになると、レフェリーがブレイク。ブラホヴィッチは左フックから、左ミドルを見せるも決定的なシーンはないまま、試合は最終ラウンドへ。

3R、左フックの相打ちから前に出たのはマヌワ、左ミドルを入れる。ブラホヴィッチも左ミドルを返すも、マヌワの右ストレートが伸びる。ここもケージ際での攻防が続き、マヌワが細かいヒザを放つ。マヌワのダブルレッグが決まらず、ブレイクが掛かる。再開後、互いにテイクダウン狙いを狙うも、決まらない。ならばと打撃戦になると、マヌワが右ローから左ハイ、ブラホヴィッチ左右のパンチを振るって前へ。マヌワも負けじと右ストレートをヒットさせ、残り20秒で右フックを入れる。ブラホヴィッチのテイクダウン狙いを切り、ヒザを放っていく。ここでタイムアップを迎え、マヌワが判定勝ちを収め館内が静まり返った。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie