この星の格闘技を追いかける

【Awards】ニュータレント同率9位に田中路教&トケーロら4名

New#09 Michinori Tanaka

【写真】MVP & 新鋭という個人部門で、唯一日本人ファイターとしてランクインを果たした田中路教。2013年、いきなり大一番を2月にフィリピンで戦う。

2012年下半期MMAPLANET Awards、第13 弾はこの半年間で2013年への期待値がグンと高まったニュータレント部門から、同率9位となった4選手を紹介。

UFC世界王座に挑むファイターから、アジアで4勝しか挙げていないファイターまで、2013年度注目のファイター9位はこの4選手だ。
Photo by GONGKAKUTOGI, PVT & MMAPLANET

Michinori Tanaka<ニュータレント第9位>
田中路教(日本)
グランドスラム所属
通算MMA戦績6戦6勝0敗
PXCバンタム級

2012 年下半期戦績1戦1勝
11月17日×ラッセル・ドゥワン

ニュータレント、MVPを通じて唯一の日本人でランク入りしたのが田中路教だ。キャリア6戦目でグアムとフィリピンをベースとし注目度が高まっているPXCを戦場に選択し、ケージとユニファイドルールに慣れながら、ステップアップを計る。新時代の日本人ビルドアップ方法に挑んでいる田中は、2月に早くも暫定王座に挑戦が決まっている。

New#09 Glover Teixeira<ニュータレント同率9位>
グローバー・テイシェイラ(ブラジル)
フアスVT所属
通算MMA戦績21戦19勝2敗
UFCライトヘビー級

2012 年下半期戦績1戦1勝
10月14日×ファビオ・マルドナド

ランペイジ・ジャクソン戦が跳び、代役のマルドナドと戦ったテイシェイラ。結果的にマルドナドのタフネスさばかりが賞賛される試合となったが、左フックの逆襲を受けた場面以外は、テイシェイラが圧倒し続けていた。パウンド、エルボー、絞め技、豊富なフィニッシュ能力と無理をしない攻めは、彼のポテンシャルの高さを示している。

New#09 John Dodson<ニュータレント同率9位>
ジョン・ドッドソン(米国)
ジャクソンズMMA所属
通算MMA戦績19戦14勝5敗
UFCフライ級

2012 年下半期戦績1戦1勝
10月5日×ジュスエー・フォルミーガ

バックを奪う名手フォルミーガにTKO勝ちを収め、早くもこの1月にフライ級世界王座挑戦権を獲得したUFシーズン14バンタム級ウィナー=ドッドソンのUFCフライ級2戦目。強烈な左フックの威力と、試合後のケージを使ったバック転から見て取れる運動神経の良さ&身体能力の高さを誇る。その笑顔にイラッとくるという<少数>意見も……。

New#09 Eugene Toquero<ニュータレント同率9位>
ユージーン・トケーロ(フィリピン)
サブミッション・スポート所属
通算MMA戦績4戦4勝0敗
PXCフライ級

2012 年下半期戦績1戦1勝
9月1日×レオナルド・カリワ
11月17日×ジェローム・ワナワン

たまたま目が届き、対戦相手のレベルの関係なく凄さが伝わってきた可能性もある。そして、米国のレスラーの手に掛かると、苦も無く捻り上げられる可能性も。しかし、トケーロのようなヒジの切れ、怖さを持ったヒザの持ち主には、滅多にいないのも事実だ。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie