この星の格闘技を追いかける

【UFC JAPAN2013】岡見勇信、ヘクター・ロンバードとの大一番

Okami vs Lombard

【写真】2カ月のインターバルでヘクター・ロンバードとの対戦を決めた岡見勇信。タイトル戦線に通じる、意味があるのと同時にリスクも高い凱旋マッチとなる (C) GONGKAKUTOGI

8日(火)、3月3日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催されるUFC JAPAN 2013に岡見勇信が出場することが正式&緊急発表された。

12月29日のアラン・ベルチャー戦で判定勝ちを収めたばかりの日本のエースが、僅か2カ月間のインターバルで、ヘクター・ロンバードという強豪と対戦することとなった。ベルチャー戦を前にして、岡見陣営には『勝てばUFC JAPAN出場も頭に入れておいてほしい』という申し入れがあったと伝わっていたが、3Rの激闘を戦った岡見陣営が、このオファーに応じることはないというのが、周囲の見方であった。

ロンバードも12月の豪州大会で、一度は岡見との対戦が発表されたホウジマール・トキーニョを1RTKOで倒し、UFC初勝利を挙げたばかり。シドニー五輪柔道キューバ代表から、そのまま豪州に亡命を果たし、国籍を取得したロンバードは現在フロリダのATTに所属している。UFCデビュー戦まで、2006年PRIDE武士道で喫した敗戦から、24連勝(※引き分けを挟み)というとてつもない記録を持っているロンバードにとって、翌07年2月のDEEP出場以来、6年ぶりの日本での試合となる。

Mizuto Hirota【写真】昨年7月のストライクフォース出場時から、フェザー級転向→UFC移籍というプランもあった廣田瑞人。ヤヒーラとUFCデビューをさいたまで迎える(C)MMAPLANET

強烈なKOパンチと、胸を合わせた状態でのテイクダウンに強い元柔道家=ロンバード。岡見にとって母国でのファイトはリスクが高く、ゲインの大きな試合となる。また、岡見参戦のリリース直前に米国サイドより、廣田瑞人とハニ・ヤヒーラのフェザー級戦が同大会で組まれることも発表されている。

これで11カードが決定したUFC JAPAN 2013、日本&アジア・太平洋色が強い一方で、ファン心理を突いてくる=見た者の満足度が高くなりそうなマッチメイクが揃ってきた。

■UFC JAPAN 2013 決定対戦カード

<ミドル級/5分5R>
ヴァンダレイ・シウバ(ブラジル)
ブライアン・スタン(米国)

<ヘビー級/5分3R>
ステファン・シュトルーフ(オランダ)
マーク・ハント(ニュージーランド)

<ライト級/5分3R>
五味隆典(日本)
ディエゴ・サンチェス(米国)

<ミドル級/5分3R>
岡見勇信(日本)
ヘクター・ロンバード(豪州)

<フェザー級/5分3R>
廣田瑞人(日本)
ハニ・ヤヒーラ(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
キム・ドンヒョン(韓国)
シアー・バハドゥルサダ(オランダ)

<ミドル級/5分3R>
福田力(日本)
ブラッド・タヴァレス (米国)

<バンタム級/5分3R>
水垣偉弥 (日本)
ブライアン・キャラウェイ (米国)

<バンタム級/5分3R>
カン・ギョンホ(韓国)
アレックス・カサレス(米国)

<ウェルター級/5分3R>
イム・ヒョンギュ(韓国)
マルセーロ・ギマラエス(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
徳留一樹(日本)
クリスチアーノ・マルセーロ(ブラジル)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie