この星の格闘技を追いかける

【UFC94】ハワード、ウィルソンのお株奪って判定勝ち

2009.02.01

(C) ZUFFA■第3試合ウェルター級/5分3R
ジョン・ハワード(米国)
Def.3R終了/判定
クリス・ウィルソン(米国)

【写真】絡みつくような長い手足のハワード。ウィルソンを相手に優勢に試合を進めた (C) ZUFFA

ハワードの右ローキックで試合はスタート。直後にテイクダンを奪ったハワードだが、寝技へはいかず自らスタンドへ戻る。ローキックでバランスを崩し、トップを奪い返したウィルソンは、パウンドからハワードの両足をさばいてボディにストンピングを落とす。しかし、ハワードがその足を掴み、思い切りのよい左フックを放ちながら、テイクダウンを奪ったところで1Rが終了した。


2R開始早々にローキックから、距離を詰めて左フックをヒットさせたハワード。勢いそのままキープし、ウィルソンからテイクダウンを奪う。卓越したテイクダウン能力を誇るウィルソンだが、テイクダウンを狙っても逆に切り返され、トップを許し、スタンドへ戻るという悪循環から逃れられない。荒いが強烈なフックを放つウィルソンだが、そのパンチを振るう際にバランスを崩してトップを奪われ、このラウンドを終えた。

片足タックルからスイッチしテイクダウンを狙ったウィルソンだが、その動きを読むかのようにバックを奪ったハワードがバックマウントからチョークを狙う。腕を払い、危機を脱しているウィルソンも、四の字フックから逃れることができない。

腰を折り曲げ、体を反転させてトップを奪い返したウィルソンだが、直後にスイープを許してしまう。エレクトリックチェアーから足関節を狙ったウィルソンだが、これを外されると万事休す。ガードからエルボーを放つが、そのままタイムアップを迎え、判定3-0でハワードが勝利を収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie