この星の格闘技を追いかける

【UFN63】エッ? フルマークでカモーシェ勝利?? マーフィーは無念の判定負けに

<女子バンタム級/5分3R>
リズ・カモーシェ(米国/9位)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
ローレン・マーフィー(米国)

勢いよく前に出たマーフィーに対し、スリップしてバランスを崩しながら組んだカモーシェだったが、逆にケージに押し込まれる。ボディロックのマーフィー、カモーシェは首投げを狙うも、ケージの方向に投げることとなりテイクダウンを奪えない。残り半分でブレイクが掛かり、マーフィーの前進に足を使ったカモーシェは、右ミドルを繰り出す。ローに右ストレートを合わせたカモーシェが組みへ。ここでもマーフィーがボディロックからテイクダウンを狙いケージにカモーシェを押し込む。残り10秒を切ってテイクダウンを決めたマーフィーが、カモーシェのリバーサルを潰してトップキープ。初回を取った。

2R、カモーシェは左と右のミドルを決め、マーフィーのテイクダウン狙いを切ってヒザをボディに入れる。それでも執拗にケージにカモーシェを押し込むマーフィー。ポジションを巧みに取っていくがテイクダウンには至らない。残り2分でブレイクが掛かり、両者が離れる。ここでも前に出るのはマーフィー。と、カモーシェはカポエイラのメイアルーア的な蹴りを見せる。カモーシェは引き続き、組んで後方への投げを見せるが、潰されてガードを強いられる。ケージ際でハイガードから両手首を取って攻めさせなかったカモーシェだが、試合のペースを握ることはできなかった。

最終回、パンチからローを入れるマーフィーは常に前に出る姿勢を崩さない。と、素早く組みついたカモーシェが豪快にダブルレッグでテイクダウンに成功する。片膝をついたマーフィーをケージに押し込むも、頭が下がっているカモーシェは結局、寝技に持ち込むことはできなかった。逆にマーフィーは組んでバックに回ると、ボディロックへ。カモーシェは首投げを決めたが、バックを許したままで厳しい展開が続く。スイッチし切れず、結局はテイクダウンを許してしまったカモーシェは、立ち上がってもバックコントロールを取られる。ここで豪快に投げを決めたカモーシェがサイドから押し込んだところで試合終了に。ジャッジは、なんとフルマークでカモーシェの勝利を支持。最終回はともかく、1&2Rがカモーシェというのは、分からない裁定だった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie