この星の格闘技を追いかける

【UFN63】公開計量終了、チャド・メンデス&リカルド・ラマスは問題なく。マスヴィダルは再計量

3日(金・現地時間)、4日(土・同)にヴァージニア州フェアテックスのパトリオット・センターで開かれるUFC Fight Night63「Mendes vs Lamas」の公開計量が行われた。

メインのフェザー級トップコンテンダー対決に出場するリカルド・ラマス、そしてチャド・メンデスは共に1ポンド規定内の145.5ポンドでクリアー。ラマスが「チャドは素晴らしい対戦相手だ。チャレンジし甲斐があるし、凄い試合をファンに疲労したい。良い試合が見たいだろう?」とファンを煽ると、メンデスは「リカルドはタフなファイター。2人のタイトルコンテンダーが戦う。ここから勝ち上がるために、良いパフォーマンスを見せたい」と静かにステージを後にした。

セミで組まれた注目のライト級戦=ホルヘ・マスヴィダル×アル・イアキンタ戦。ステージに上がってからも汗を拭き続けたように直前まで体重を落としていたことが窺えたマスヴィダルは十字を切ってスケールに乗るも、157ポンド。再び汗を拭きとり、下着を脱いで計量に挑むと、今度も156.5ポンドで失敗。マスヴィダルは2時間後の最計量で、156ポンドまで落とし明日の一戦に臨むこととなった。

■ UFN63 計量結果

<フェザー級/5分5R>
チャド・メンデス:145.5ポンド(66.00キロ)
リカルド・ラマス:145.5ポンド(66.00キロ)

<ライト級/5分3R>
ホルヘ・マスヴィダル:156.5ポンド(70.99キロ)
アル・イアキンタ:155.5ポンド(70.53キロ)

<ライト級/5分3R>
マイケル・キエーザ:155.5ポンド(70.53キロ)
ミッチ・クラーク:155ポンド(70.31キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
ジュリアナ・ペニャ:136ポンド(61.69キロ)
ミラナ・ドゥディエヴァ:135.5ポンド(61.46キロ)

<フェザー級/5分3R>
クレイ・グイダ:146ポンド(66.23キロ)
ロビー・ペラルタ:145ポンド(65.77キロ)

<ライト級/5分3R>
ダスティン・ポイエー:155.5ポンド(70.53キロ)
カルロス・ディエゴ・フェレイラ:155.5ポンド(70.53キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
リズ・カモーシェ:134.5ポンド(61.01キロ)
ローレン・マーフィー:135ポンド(61.24キロ)

<ライト級/5分3R>
グレイ・メイナード:155ポンド(70.31キロ)
アレキサンダー・ヤコブレフ:155.75ポンド(70.65キロ)

<ヘビー級/5分3R>
シャミル・アブドゥラヒモフ:255ポンド(115.67キロ)
ティモシー・ジョンソン:263.5ポンド(119.52キロ)

<ミドル級/5分3R>
ロン・ストーリングス:185ポンド(83.92キロ)
ジャスティン・ジョーンズ:185.5ポンド(84.14キロ)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie