この星の格闘技を追いかける

【UFN62】計量終了。ステップで躓き、掴みはOK。菊野の構えにリオのファンも声援

20日(金・現地時間)、明日21日(土・同)にブラジル・リオデジャネイロのマラカナジーニョで開催されるUFC Fight Night 62「Maia vs LaFlare」の公開計量が行われた。

日本から出場する菊野は、登壇する途中に躓いて思わず苦笑いも、1ポンドオーバーでしっかりと計量を終え、現地でのドライアウトという難関をまず突破した。対戦相手のケビン・ソウザも菊野と同じ146ポンドでパス。ステアダウンの際に否応がうえにもその長身振りが目立ったソウザ、菊野の空手の構えにブラジルのファンも大きな声援を送った。

2月28日にジェイク・エレンバーガーのパワーギロチンで敗れ、わずか8日の練習期間で今大会に出場にジョシュ・コスチェックは、髪を伸ばしてひげを蓄えた対戦相手のエリック・シウバと同様に問題なく計量を終えている。メイン出場のデミアン・マイア、対戦相手のライアン・ラフレアーを含む全出選手の計量結果は以下の通りだ。

■ UFN62 計量結果

<ウェルター級/5分5R>
デミアン・マイア:171ポンド(77.57キロ)
ライアン・ラフレアー:171ポンド(77.57キロ)

<ウェルター級/5分3R>
エリック・シウバ:171ポンド(77.57キロ)
ジョシュ・コスチェック:170ポンド(77.11キロ)

<ライト級/5分3R>
レオ・サントス:156ポンド(70.76キロ)
トニー・マーチン:156ポンド(70.76キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
アマンダ・ヌネス:136ポンド(61.69キロ)
シャイナ・ベイズラー:136ポンド(61.69キロ)

<ライト級/5分3R>
ジルベウト・ドゥリーニョ:154ポンド(69.85キロ)
アレックス・オリヴェイラ:155ポンド(70.31キロ)

<フェザー級/5分3R>
ゴドフレイド・ペペイ:145ポンド(65.77キロ)
アンドレ・フィーリ:145ポンド(65.77キロ)

<ライト級/5分3R>
フランシスコ・トリナルド:155ポンド(70.31キロ)
アクバル・アレオラ:156ポンド(70.76キロ)

<フェザー級/5分3R>
ケビン・ソウザ:146ポンド(66.23キロ)
菊野克紀:146ポンド(66.23キロ)

<ライト級/5分3R>
レアンドロ・シウバ:156ポンド(70.76キロ)
ドリュー・ドバー:156ポンド(70.76キロ)

<ライト級/5分3R>
レオナルド・マフラ:155ポンド(70.31キロ)
ケイン・カリゾサ:155ポンド(70.31キロ)

<ライト級/5分3R>
ジョルジ・デ・オリヴェイラ:156ポンド(70.76キロ)
クリストス・ギアゴ:155ポンド(70.31キロ)

<フライ級/5分3R>
ベントリー・サイラー:126ポンド(57.15キロ)
フレディー・セラーノ:125ポンド(56.70キロ)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie