この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX05】トゥルジーロが脅威の身体能力でUFCデビューを飾る

2012.12.09

<ライト級/5分3R>
エイベル・トゥルジーロ(米国)
Def.2R3分56秒 by TKO
マーカス・レヴェッサー(米国)

ブラックジリアン所属のオールアメリカン・レスラー=トゥルジーロ。しかし、サウスポーのレヴェッサーがいきなりシングルからバックへ回り込む。オーバーフックでケージを背にして耐えたトゥルジーロは、シングルをキムラで防ぐ。ダブルに移行し、さらにシングルに戻したレヴェッサーだが、ここで胸を合せる展開になるとレフェリーがブレイクを命じる。

左フックを打ち込んだトゥルジーロに対し、レヴェッサーはここでもシングルからバックへ。レヴェッサーは腰をコントロールし、ケージにトゥルジーロを押し込むが、ヒザをボディに受ける。徹底してテイクダウンを狙うレヴェサーの後頭部にエルボーを落したトゥルジーロだが、レフェリーは注意を与えない。

残り30秒を切り、打撃の間合いになるとすぐに組みついたレヴェッサーにトゥルジーロは右ヒザを蹴り上げる。この一発で体が伸びたレヴェッサーは懸命に足にしがみついてタイムアップまで凌いだ。2R、トゥルジーロの左、レヴェサーの右が交錯する。自ら組みついたトゥルジーロはギロチンへ。体を反転させるレヴェッサーを強引にバックから絞め続け、そのままマットに背中をつけさせノースサウス・チョークの態勢に入ったトゥルジーロ。レヴェッサーがロールしながら立ち上がると、続く打撃戦で左を打ち込みダウンを奪う。

レヴェッサーもここで粘りを見せ、パウンドを受けながらもケージを背にして立ち上がる。続く打撃の攻防でもパンチを受けてよろめくレヴェッサーは、ヒザをつくような低い態勢でシングルを狙うも、バックを譲りボディにヒザを連打される。動きが完全に止ったレヴェッサー、右ワキに強烈なヒザ蹴りを連続で受けると、ついにレフェリーが試合をストップ。トゥルジーロが恐るべき身体能力を見せつけ、UFC初陣を飾った。

PR
PR

関連記事

Movie