この星の格闘技を追いかける

【Bellator134】……な対戦は、……な内容で、キング・モーが……な判定勝ち

<ヘビー級/5分3R>
キング・モー(米国)
Def.2-1:30-27,29-28, 28-29
シーク・コンゴ(フランス)

低く構えジャブを伸ばすコンゴ、モーは頭を振り足を使って距離を取る。左か右を伸ばしたコンゴ、モーの突進は回ってかわす。コンゴは重いローを入れ、右を放つも空振りに。距離を詰める展開になったコンゴの前進に、モーがダブルレッグを合わせてテイクダウンを奪う。コンゴの起き上がり際にバックを取ったモーが、前方に崩しトップを奪取する。ガードを強いられたコンゴは、このままガードを強いられ初回を失った。

2R、ローとジャブを初回同様繰り出すコンゴが、バランスを崩して尻餅をつく。ここで前出でてきたモーに組みつくも、逆にケージに押し込まれテイクダウンを取られる。一旦、パスからサイドを取ったモーだが、コンゴが足を戻す。それでも背中をつけられ、抑え込まれた状態が続くコンゴは、残り50秒を切ってようやく立ち上がり、モーをケージに押し込む。モーはシングルを耐えきり、このラウンドもモノにした。立ち上がったのに打撃戦にいかなかったコンゴ、いよいよ苦しくなった。

最終回、コンゴの右ストレートに左フックを返したモーは、テイクダウン狙いから足払いでテイクダウン。すぐに起き上がったコンゴは、ローキックから右ストレートを伸ばすも、またもモーのダブルレッグでテイクダウンを許してしまう。モーは腰をコントロールし、両足をまたぐと、起き上がろうとしたコンゴをバックコントロールし後方からパンチを入れる。残り20秒でブレイクが掛かるが、コンゴはすぐに立ち上がれないほど疲弊しており、最後もパンチを空振りし姿勢を乱す始末。タイムアップ後も座り込んだコンゴに勝ち目はなかった。

階級を超えた――そこに意味合いがあったか分からない対戦は、ファンが嫌う徹底したトップコントロールで完全に試合を支配したキング・モーが、不可解な判断をしたジャッジがいたもののスプリットで判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY