この星の格闘技を追いかける

【UFN61】バッチマンがテイクダウンでショックリーを下す

<ライト級/5分3R>
イヴァン・バッチマン(ブラジル)
Def.3-0:29-28, 29-28,29-28
ジョシュ・ショックリー(米国)

右フックを振るって前に出るバッチマン、ショックリーは首相撲に捉えてヒザ蹴りを見舞う。ブロックの上から右ハイを蹴り込んだショックリーにバッチマンが組みつくも、ケージ際で体を入れ替えられる。もう一度、態勢を変えたバッチマンがボディロックからテイクダウン、そのままサイドを取る。右腕を差したショックリーは、バッチマンのダースを外してバタフライガード、後方へ送って立ち上がる。

スタンドに戻ったショックリーをもう一度倒したバッチマンは、今度はハーフから足を抜いて直接マウントへ肩固めをセットアップする。何度かタップに行きそうな動きを見せたショックリーは、サイドに回られても耐え続ける。ついに肩固めから逃れたショックリーは立ち上がって右ストレートを伸ばす。その後、左ミドルを見せたバッチマンのラウンドとなった。

2R、ショックリーの右ストレートに組み付いたバッチマン。ショックリーはヒザをボディに入れて離れる。リーチの長さを生かしたいショックリーは左ジャブを繰り出し、ワンツーにつなげる。バッチマンは左ローから組みにいくも、ここでもショックリーの首相撲からのヒザ蹴りに阻まれてしまう。思うように組めなくなったバッチマンに右ストレートをヒットさせたショックリー。それでもバッチマンは右オーバーハンドからダブルレッグでケージにショックリーを押し込んでいく。

倒せず自ら離れたバッチマンに対し、ショックリーが右フック。残り1分、バッチマンは右ストレートを顔面に打ち込んでから組み付く。ケージを背にして倒れないショックリー、レフェリーがブレイクを命じた。残り15秒、左ジャブを伸ばしたショックリーにバッチマンが右を入れて組み付いたところでラウンドが終了となった。

最終回、組んでテイクダウンに出たバッチマンだが、倒れ込み際にバランスを崩し、ショックリーがトップを奪取する。パンチを入れるショックリー、被弾しながらバッチマンが立ち上がる。ショックリーがマウスピースを吐き出しており、試合が中断される。再開直後に右ストレートを入れたバッチマン。ここからお見合いになり、ショックリーがテイクダウン狙いへ。これを切ったバッチマンが右を入れ、ショックリーは首相撲からヒザをボディに突き刺す。リーチ差をアグレッシブに活用できないショックリーに対し、バッチマンはとにかく組みに行く。

終盤、ケージにショックリーを押し込んだバッチマンが、ボディロックに。後方にテイクダウンを奪うと、試合は残り30秒を切っている。サイドから鉄槌を落としたバッチマン、そのままタイムアップとなり、バッチマンが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY