この星の格闘技を追いかける

【RFA05】ATTのベキッチは、ジェンキンスを下しデビュー以来5連勝

2012.12.01

<フェザー級/5分3R>
ミルサッド・ベキッチ(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
ダグ・ジェンキンス(米国)

ワンツーから前に出るベキッチは、左を返すジェンキンスに組みついてテイクダウンを早々に奪う。右足を抜いてハーフからワキ差しパスを狙うも、ここはジェンキンスが足を戻す。ならばとケージにジェンキンスを押し込んで、パウンドから再びパスを狙っていく。細かいパウンドを連続で落とされたジェンキンスは、ケージを蹴るも腰は切れない。

ジェンキンスの頭をケージに押し込んだベキッチが、ここでパスに成功し、そのままマウントへ。下からジェンキンスは頭を抱えるも、足は戻せない。上体を起こして、勢いのあるパンチをベキッチが落とすも、ここでケージを蹴ったジェンキンスが立ち上がり、スタンドで右ストレートを打ち込む。

首相撲からヒザの追撃を入れるジェンキンスに対し、ベキッチは組みついてテイクダウン。頭を胸につけてホールドするベキッチに対し、ジェンキンスはエルボーを下から放ち、1Rが終了した。

2R開始早々、ベキッチが右をクリーンヒットさせ、そのまま組みついてテイクダウンへ。腿へヒールキックを落とすジェンキンスにハーフからパウンドを見舞っていく。さらに右エルボーを連打したベキッチはハーフからパンチを落とすことに集中する。すると、残り2分でマウントの状態になったベキッチが、流れに任せてバックマウントへ。パンチを落され、上を向きなおしたジェンキンスは、エルボーを受けた直後にブリッジから立ち上がる。

ベキッチはすぐにテイクダウンを取り返すと、トップから時間を掛けて攻めていく。ジェンキンスはパス狙いのタイミングで、腰を思い切り押し上げて立ち上がるも、ラウンド終了間際にまたもテイクダウンを許してしまった。

最終回、パンチの交錯から組みついたベキッチが、ケージにジェンキンスを詰めてシングルからテイクダウンを奪取。ここまでの同じ流れで、ハーフから細かいパンチを落としていくと、ココでレフェリーがブレイクを命じる。スタンドに戻ると、即テイクダウンを奪い返したベキッチ。ジェンキンスは相当、削られているようだ。

ジェンキンスの左腕を足で潰したベキッチが、ガードができない顔面にパンチとエルボーを続ける。サイドをキープするベキッチ、上四方に回りノースサウスチョークを仕掛ける仕種も見せたが、結局はハーフに戻りタイムアップまでトップを取り続けた。

テイクダウンとポジショニングで圧倒したベキッチが、フルマークで判定勝ちを収め、デビュー以来の5連勝を達成した。

PR
PR

関連記事

Movie