この星の格闘技を追いかける

【UFN60】頭突きもあったが、ホロウェイがスタンドでミラーを封じ込めて判定勝ち収める

<フェザー級/5分3R>
マックス・ホロウェイ(米国/13位)
Def.3-0:30-27, 29-28, 29-28
コール・ミラー(米国)

長身ホロウェイをさらに上回る上背を誇るミラー。ミラーは右ローから左の前蹴りを繰り出す。前に出て右ローを蹴り返すホロウェイが、左ストレートをボディに伸ばす。ホロウェイは左ハイから前へ。両者の蹴りが交錯し、ホロウェイが尻餅をつく。立ち上がったホロウェイが左ミドルを入れる。続くミドルに右ローをミラーが返す。ここで下がらず前に出たミラーが右ヒザを突き上げる。ホロウェイが組んでケージにミラーを押し込む。一旦、ジャンピングガードのような態勢を見せたミラーは、すぐに着地。ホロウェイが間合いを取り直し、再びケージにミラーを詰める。カニばさみのような形で引き込んでミラーは、一呼吸おいてヒザ十字へ。尻を蹴って足を抜いたホロウェイは、引き続きヒザ十字を狙うミラーの顔面にパウンドを落とした。

2R、ミラーの右ローをホロウェイがカット、左ジャブを伸ばす。オーソが大半だが、時折りスイッチを織り交ぜるホロウェイは、ミラーの右ハイをかわしてスピニングバックキック。一瞬の接近戦では左フックを振るっていく。ミラーは引き続き右ローを見せ、組んでシングルへ。ここでもミラーは引き込んでヒールを狙う。苦も無く体をツイストして、足を引き抜いたホロウェイが、スピニングバックフィストから左右のフックを入れる。

続く左フックに前に出たホロウェイの頭がミラーを直撃し、左目尻をカット。試合は中断されるが、アクシデントということでペナルティはない。ミラーが呼吸を整え、試合は再開される。激しいフックの応酬から、間合いを取り直したホロウェイが左ハイ。体を振って、右ストレートを放つ。サウスポーからワンツーを入れたホロウェイは、さらに左フックを伸ばす。ミラーは右ミドル、ブロックしたホロウェイはオーソに戻し、後ろ回し蹴り。ミラーはケージに押し込まれながら首相撲の態勢に。離れたホロウェイの飛びヒザは当たらなかったが、最後の最後にダブルレッグを決めて2Rが終わった。

最終回、最後の飛びヒザの際に再び頭が当たったことで注意を受けたホロウェイ。ミラーは左フックを空振り、ホロウェイが左ボディストレートからワンツーを振るっていく。続いて右フックをヒットさせたホロウェイが、パンチを振りながら前進しスピニングバックフィスト。姿勢を見出し、自ら背中をマットにつけたコールだが、ホロウェイが寝技に付き合わずスタンドで待ち受ける。続く打撃戦で左右のフックを入れたホロウェイが、狙い通り打撃で攻勢に出る。

右オーバーハンドから左フックを受けて下がったミラー。ホロウェイが大きく踏み込んで左ストレートを打ちこむ。離れ際の回転拳は空振りになったが、続く接近戦で右フックを入れ、ボディ、左エルボーと猛攻を仕掛ける。コールの前進に右フック、さらに左を入れる。ミラーはシングルに出るが、ここでテイクダウンをしても逆転勝ちはない。一本かKOが必要なミラーは、残り40秒で引き込んでしまう。ホロウェイが起き上がり、試合はスタンドへ戻る。残り15秒、左右のフックから後ろ回し蹴りを2度見せ、最後は尻餅をついたホロウェイだが、打撃で攻勢を握った試合で手堅く判定勝ちを収め、カブ・スワンソン戦が決まった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY