この星の格闘技を追いかける

【UFC155】クリス・ウェイドマン負傷欠場、同門コスタ・フィリッポウ出場

21日(水・現地時間)、UFCより12月29日(土・同)開催の2012年掉尾を飾るビッグショーUFC155「Dos Santos vs Velasquez 2」におけるカード変更の発表があった。

プレリミから豪華カードが並んでいた同大会で、アンデウソン・シウバへの挑戦を強くアピールしていたクリス・ウェイドマンが、ティム・ボーシェ戦を負傷欠場することになった。代役出場は、17日のUFC154で対戦相手のニック・リングが大会当日に欠場が決定するという煮え湯を飲まされたコスタ・フィリッポウに。

フィリッポウとウェイドマンは、セラ&ロンゴのチームメイト。アンデウソンの次戦が、タイトル防衛戦かGSP戦かハッキリしないなか、同じ立場のジョニー・ヘンドリックスがマーチン・カンプマン戦で見せたような――タイトル挑戦をしっかりとアピールする勝利が必要だったウェイドマンにとっては、痛い欠場となる。

そして、年末のスーパーカードもライト級のグレイ・メイナードが負傷→代わりにジム・ミラーがジョー・ローゾンと対戦することになったのに続く、メインカードのラインナップ変更。リカルド・ラマス×エリック・コク戦が1月26日のFOX大会へ移動するなど、これ以上、クォリティの劣化が続かないことを願うばかりだ。

■UFC155対戦カード

<UFC世界ヘビー級選手権試合/5分3R>
[王者]ジュニオール・ドスサントス(ブラジル)
[挑戦者]ケイン・ヴェラスケス(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
フォレスト・グリフィン(米国)
フィル・デイビス(米国)

<ミドル級/5分3R>
クリス・ウェイドマン(米国)
ティム・ボーシェ(米国)

<ライト級/5分3R>
ジム・ミラー(米国)
ジョー・ローゾン(米国)

<ミドル級/5分3R>
アラン・ベルチャー(米国)
岡見勇信(米国)

<バンタム級/5分3R>
ブラッド・ピケット(英国)
エディ・ワインランド(米国)

<ヘビー級/5分3R>
マット・ミトリオーネ(米国)
フィリップ・デフライズ(英国)

<ミドル級/5分3R>
クリス・レーベン(米国)
カルロス・ヴェモラ(チェコ)

<ライト級/5分3R>
マイケル・ジョンソン(米国)
マイルス・ジュリー(米国)

<バンタム級/5分3R>
エリック・ぺレス(メキシコ)
バイロン・ブラッドワース(米国)

<フェザー級/5分3R>
レオナルド;・ガルシア(米国)
コディ・マッケンジー(米国)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie