この星の格闘技を追いかける

【Interview】スクランブル発進UFC初陣を終えて――手塚基伸

Tezuka

【写真】計量時点で、手塚とカサレスの体格差はこれだけ。肩の位置と腰の位置の違いは明白で、ここからリカバリーする相手と同じ階級で戦うことに対し、手塚はフライ級転向も示唆している (C) MMAPLANET

10日(土・現地時間)マカオのコタイ・アリーナで開催されたUFC初の中国大会、UFC Macao「Franklin vs Le」。試合まで10日という状況でオファーを受け、オクタゴンデビューを果たした手塚基伸だったが、アレックス・カサレスにスプリットの判定負けを喫した。

すでに練習を再開しているという手塚に、スクランブル出場となったカサレス戦とUFCでの戦いを振り返ってもらいつつ、階級変更も含めた今後の展望を語ってもらった。
Text by Takumi Nakamura

――マカオ大会が終わって日本に戻って来てからはどのように過ごされていますか。

「今回は顔が腫れていたので、少しは休みました。本格的ではないのですけど、少しずつ練習を再開している段階ですね」

――試合直後は左目が腫れていましたが、それ以外では特に大きなダメージは?

「大丈夫です。目の方も眼窩底骨折まではいってなくて、ただ腫れているだけでした」

――ご自身の試合映像はご覧になりましたか。

「はい。映像で見ると3Rにカサレスの打撃で自分の目が腫れていますし、判定負けという結果もしょうがないかな、と。1Rに僕がテイクダウンした後のブレイクが早かったという人もいましたが、それもすべて受け止めて、今後に向けてパウンドやヒジ打ちの練習を強化したいと思います」

――試合が終わって判定を待っている間はどんなことを考えていましたか。

「どうやったんやろう……何も考えられなかったというか『あっ、これで試合が終わった』くらいにしか思っていなかったですね」

――では試合中もあまりポイントのことは意識していなかったですか。

「いつもはラウンド毎にポイントを考えて意識しながら戦うんですけど、なぜか今回は違いましたね。なんとなく『2Rが終わった時点で負けているかもな』くらいにしか思っていなくて。3Rに自分から行かないと勝てないと思ったんですけど、そこまで手数が出ていなかったと思います」

――なるほど。ポイントを意識しなかったのは何か理由が?

「なんでなんでしょう(苦笑)。いつもだったら『判定でもいいから勝つ』と思って試合するんですけど、それとはちょっと違いましたかね」

――それはやはりUFCという舞台が影響したのでしょうか。

「緊張していたかと言われれば、いつもの試合とは変わらず落ち着いていたとは思うんですけど。答になっていないかもしれませんが、今思うといつもとは違う感じで試合していたかもしれません」

――では対戦相手のカサレスにはどんな印象を持ちましたか。

「手足の長さが一番嫌でしたね。寝技に関しては下からの三角絞めがあるので、そこさえ対処すればいけると思っていたんです。でも立ち上がるのが上手くて、結果的にアウトボクシングでやられてしまったかなと思います」

――カサレスはサブミッションのイメージが強かったのですが、手塚選手との試合では半身構え+リーチを活かしたジャブも目立っていました。

「3Rにジャブで目が腫れた時には相手が二重に見えていたし、ダメージはなかったですけど『これは印象悪いやろな』とは思っていました」

――完全に圧倒されたというよりも、要所要所で上手く戦われたという印象ですか。

「そうですね。試合をしていた時には感じなかったことですが、映像で見直してみると上手いことやられたなと思いました」

――改めてUFCという舞台はいかがでしたか。

「何回でも出たいと思いましたね。試合が終わったあともファンの人たちに写真やサインをお願いされて、初めてのことだったので驚きました(笑)」

――これからUFCで戦っていく、勝っていくうえで、自分には何が必要だと思いましたか。

「全般的にすべてです。そうじゃないと勝てない舞台だと思います」

――UFCで戦ってみて気付いたことや、分かったことはありますか。

「まずヒジ打ちやパウンドをもっと上手く使えるようになりたいな、と。今回はブレイクでチャンスを逃した部分もあったので、そうならないような試合運びが出来るようになりたいです。また実際にやってみて、オクタゴンの広さも感じました。

自分はタックルに入ってから動きが止まる癖があるので、それではテイクダウンも難しい。自分からぶつかって倒すタックルというんですかね。そういう技術も覚える必要があると思いました。あと可能であれば階級を落としてもいいかなと思うんですよ」

――そうなるとバンタム級(61.2kg)からフライ級(56.7㎏)に落とすことになります。

「今回も試合が決まってからでもバンタム級まではすぐに落とせたので、普段から節制して時間があればフライ級でも試合が出来ると思いました」

――UFCで外国人選手と戦っていく上ではフライ級の方がいい、と。

「少しでも勝てる方でやりたいです。カサレスとかパンクラスで負けている石渡(伸太郎)にリベンジしたい気持ちもありますけど、UFCで勝つことが目標なので、そのために出来ることをしたいと思います」

――マカオ大会後に来年3月の日本大会の開催も発表されましたが、次の試合はいつ頃を考えていますか。

「出来れば日本大会に出たいです。来年の3月であれば、今から練習を頑張ればUFCの戦いにも対応できると思うので」

――代打出場という形ではありますがUFCデビューを果たして、UFCにおいて手塚選手ではどんな目標を持っていますか。

「とりあえず一勝したい、勝ちたいです。UFCでも結果を出せるファイターだということを示したいです」

――UFCに出るだけでは意味がないという気持ちですか。

「はい。どれだけチャンスをもらっても、それを形にしないと意味がないし、極端な話かもしれませんが、チャンスが巡ってくれば誰でも出られるわけじゃないですか。だからどうにか一勝して、UFCで勝てるファイターとしての存在感を見せたいです」

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie