この星の格闘技を追いかける

【UFC MACAO】無類のスタミナでチアゴを圧倒、ドンヒョンが判定勝ち

<第7試合 ウェルター級/5分3R>
キム・ドンヒョン(韓国)
Def.3-0:30-26、30-27、30-27
パウロ・チアゴ(ブラジル)

ここまでの会場人気ナンバーワンのドンヒョンは、すぐに飛び込んでシングルレッグを仕掛ける。スタンドで正面からの絞めを狙ったチアゴだが、ドンヒョンは外掛けでテイクダウンを奪う。そのままバックマウントに入ったドンヒョンは、リアネイキドチョークを仕掛けたが、絞める方の腕がワキの下を通っている。

パウンドに切りかえたドンヒョン、前方に落とされないよう腕を取りに行く。取られた方を下にしてディフェンスしたチアゴだが、ここで背中が伸びる。それでも腰を上げて粘るチアゴにドンヒョンはパンチから再びリアネイキドチョークへ。

左ヒジを立てて耐えるチアゴに対し、再びドンヒョンはパンチへ。残り10秒、フェイスロックに切り替えたドンヒョン、チアゴは耐えきり、なんとかラウンド終了を迎えた。

2R、ブラジル・コールとキム・ドンヒョン・コールが交錯するなか、ドンヒョンは組みつき、足払い。引き込みながらアームロックを仕掛けたチアゴのバックに回ろうとするドンヒョン。

骨盤の辺りにヒザを落とすドンヒョンは、チアゴの股間の下でクラッチし、まるでピュア・レスリンゴのような攻防に。チアゴはシングルから、首を取られつつも後ろに立ち上がりバックへ。胸を合せたドンヒョンは、小内刈りでテイクダウン、そのままアナコンダ・チョークの態勢に入るが、ここもタイムアップに。

最終回、チアゴの右ミドルに左の前蹴りを返すドンヒョン。続くスピニングバックフィストは空振りし姿勢を崩すも、ハイキックをスウェイでかわし距離を取り直す。直後にシングルからバックに回ったドンヒョン。足のフックを外そうとするチアゴだが、ヒザをついて亀の態勢に。

両足をフックしパンチを見せるドンヒョンは、ワキをすくって、バックマウントをキープするが、徐々に落とされそうになる。ここを堪えて、バックマウントをグラウンドで完成させたドンヒョン。亀に戻ったチアゴにハーフバックからパウンドを落とし続ける。両足をフックし、側頭部にパンチを入れるドンヒョン、両手でチョップのようにパンチを落とし、マウントから鉄槌へ。

たまらず背を向けたチアゴ。ここで試合はタイムアップとなり、ドンヒョンは最後まで攻め続けた。無類のスタミナを見せつけたドンヒョンは、30-26を含むフルマークの判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie