この星の格闘技を追いかける

【WSOF01】オルロフスキー、テンプル打ち抜きメインを締める

2012.11.04

Arlovski

【写真】テンプルを打ち抜いたこの一撃で、勝負は決していた(C) Lucas Noonan/WSOF

<ヘビー級/5分3R>
アンドレイ・オルロフスキー(ベラルーシ)
Def.1R2分47秒 by TKO
デヴィン・コール(米国)

左ジャブを伸ばすオルロフスキーは、コールのショートジャブをスウェイでかわして左を伸ばす。スナップの効いた右をダブルで放ったオルロフスキーは、コールのシングルレッグを切ると、ケージを背にして細かいヒザを突き上げる。

体を入れ替えたオルロフスキーは、距離を取り直すと左ジャブから右の返しをコールのテンプルに打ちこむ。この一発で、コールは前方に崩れ落ち、オルロフスキーが鉄槌の追い打ちを放つと、すぐにレフェリーが止めに入り、TKO勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Movie