この星の格闘技を追いかける

【UFN59】松田、2度のダウン響き惜しくもスプリット判定負け

<フライ級/5分3R>
ジョビー・サンチェス(米国)
Def.2-1:30-27,29-28, 28-29
松田干城(日本)

マサチューセッツ在住の松田をファンもサポート。サンチェスの前蹴りに、松田は勢いのある右を打ち込む、モロに被弾したサンチェスは間合いを取り直すが、松田が再び右を入れる。至近距離から左エルボーも見せた松田は、左ジャブも当てていく。ミドルを蹴り込んだサンチェスが続く右ストレートで松田からダウンを奪う。グラウンドへ移行し、サンチェスはパスへ。松田は背中を預けながら立ち上がり、胸を合わせる。

サンチェスの右に松田は右アッパー、さらに右ストレートを伸ばす。ワンツーで前に出る松田に対し、柔らかい動きから右を伸ばすサンチェスだがローでバランスを崩す。サンチェスの左ハイをかわした松田、最後の接近戦で首相撲からヒザ、さらにパンチを伸ばしたがダウンを喫した分、初回を落とした。

2R、初回同様低い姿勢から前に出る松田が右をヒットさせる。組んだサンチェスがテイクダウン、パスからマウントへ。足を一本戻して立ち上がった松田はサンチェスの前進にヒザを狙う。松田のレンジの外に立ち、リーチを生かしたパンチで飛び込むサンチェスをなかなか捉えられない。それでもプレシャーを与える松田は、右ストレートから返しの左フック、さらに右を繰り出す。

松田がワンツーを入れると、すっとサンチェスが距離を取り直す。松田は左ボディストレートを見せるなど、手数も精度もサンチェスを上回り始め、最後の打ち合いでも引くことなく真っ向からやりあった。

1Rを失い、2Rにはテイクダウンを許している松田。後半のペースは握っていたが、ジャッジはどのように判断しているか。最終回、距離を詰めてパンチを入れた松田は足を滑らしたが、すぐに組んで立ち上がる。サンチェスも2R後半より動きが増したが、松田はコンビネーションのなかで右をしっかりと当てていく。サンチェスの前進にパンチが合うようになってきた松田は、サンチェスのパンチを頭を振ってかわしパンチを繰り出す。

しかし、松田は2分を経過した頃に右を受けて腰が落ちると、押されてバランスを崩すなどダメージを受ける。グラウンドで後方から殴り、バックマウントを取ったサンチェスがマウントへ移行。背中を預けて立ち上がった松田をサンチェスの右が襲い、直後にダブルレッグでテイクダウンに成功する。残り30秒、スタンドに戻った松田は右ハイを見せたが、それ以上の攻撃を見せることができずタイムアップに。

ほぼ互角で戦っているなかで2度のダウンが響いた松田は、スプリット判定負けとなりオクタゴン2連敗となった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie