この星の格闘技を追いかける

【RFA04】ペジパーノ、……な展開のなか最後は横三角で一本勝ち

2012.11.03

<ヘビー級/5分3R>
マーシオ・ペジパーノ(ブラジル)
Def.2R4分16秒by 横三角
ジョー・イェーガー(米国)

右ジャブを伸ばし前に出ようとするイェーガー、ペジパーノはリーチを生かして右フックを振っていく。組みついたイェーガーがケージにペジパーノを詰めていくと、ギロチンを抜いて再び金網に押し込む。オーバーフックからボディにヒザを突き上げたペジパーノ、イェーガーのヒザはほとんど急所だ。

残り2分半でブレイクが命じられ、試合はケージ中央で再開となる。イェーガーの左ミドルがヒットすると、組みついてきたペジパーノを逆にケージに押しつける。右ヒザを使って、幾度となく右腕のリストを取られるのを切っていくペジパーノだが、ケージを背にした状態から脱することができない。

2度目のブレイクが掛かると、直後に残り10秒を切ってイェーガーがテイクダウンを決めた。2R、初回同様ケージ際の攻防になり、1分30秒が経過したところでブレイクに。シングルレッグからドライブしたイェーガー、がぶれないペジパーノは、再びケージを背にする。またもレフェリーが両者を分けると、イェーガーはロー。ペジパーノが右フックを振るったところで再び組みつく。体重を掛けて、横三角に入ったペジパーノ。そのまま横回転でペジパーノが背中をつけたところで、イェーガーがタップ。地味な展開のなかで、パジパーノが力勝ちしイェーガーがキャリア初黒星を喫した。

PR
PR

関連記事

Movie