この星の格闘技を追いかける

【Affliction】ソクジュ、仕切り直しの一戦もババルに完敗

2009.01.25

Babalu■第7試合 ライトヘビー級/5分3R
ヘナート・ババル(ブラジル)
Def.2R2分36秒/アナコンダチョーク
ティエリー・ソクジュ(カメルーン)

【写真】バックを許し、ロープの間から逃げたかのようにも見えたソクジュ。UFCをリリースされ、アフリクションでもババルに完敗となると、今後は? (C)GONG KAKUTOGI

UFCをリリースされたソクジュの仕切りなおしの一戦。対戦相手はストライクフォース世界ライトヘビー級王者ヘナート・ババルだ。

左ジャブを放つババルに、思い切りアッパーを狙うソクジュ。得意のローを蹴り、パンチにつなげようとしたソクジュに対し、パンチを打ってから組み付いてテイクダウンを狙ったババル。しかし、ソクジュはトップをキープし立ち上がった。


またも組み付いたババルだが、トップを奪ったのはソクジュ。ガードをとるババルに、ソジュは思い切りエルボーを落としていく。片足タックルを仕掛けたババルに、倒れないソクジュとは差し合いになったが、互いに譲らずリング中央で向かいあったところで初回が終了した。

2R、ババルの左にアッパーを合わせるソクジュだが、ここでこの試合初めてババルがテイクダウンに成功すると、インサイドから鉄槌を落とす。ソクジュは左腕を必死の形相で掴むも、逆にエルボーを受けてしまう。

さらに左右のパウンドで攻め続けられたソクジュは、リング中央での再開にもすぐに対応できないほどのダメージを受けていた。

ハーフガードを取り直し、エルボーを連打するババルは、ソクジュが片足タックルを仕掛けてきたところで、クォーターからチョークを仕掛ける。と、ソクジュが回転したところで、アナコンダチョークが極まりババルが一本勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie