この星の格闘技を追いかける

【TUF20】カラテベースの打撃が冴えるトーレス、マガーニャを寄せ付けず

<女子ストロー級/5分3R>
ティーシャ・トーレス(米国)
Def.3-0:30-26, 30-27, 30-27
アンジェラ・マガーニャ(米国)

前に出て右を伸ばすトーレス。マガーニャは左ミドルを返す。プレッシャーを与えるのはトーレス、前に出てワンツーを入れる。左ジャブと蹴りで対応するマガーニャは、タイのプーケット在住のファイターだ。そのマガーニャの左ミドルに右フックを合わせようとするトーレスは、左ボディを見せる。トーレスの右から左のコンビで腰が落ちたマガーニャだが、すぐに立ち上がる。続くトーレスの前進に組みついたマガーニャの投げは決まらない。離れたトーレスがワンツーから左ミドル、サイドキックを入れて初回を締めた。

2R、間合いを計りながら打撃戦を続ける両者、手数が少なくなったなかでローを蹴り合う。連打で距離を詰めたトーレスに対し、マガーニャが首相撲を仕掛ける。トーレスが離れ、力強い右フックを入れる。トーレスの前進にマガーニャはやはり首相撲で対応、ヒザをボディに入れる。それでもトーレスはプレッシャーを与えストレートをヒットさせる。マガーニャのテイクダウン狙いは距離が遠い。残り1分を切り、トーレスがここでもフックの連打で前に出る。前蹴りでケージに追い込まれ、右を受けたマガーニャ。トーレスはここでもサイドキックを繰り出した。

最終回、ここでも間合いを計るマガーニャ、積極的な攻撃が必要だが逆にトーレスのフックからサイドキックを受ける。さらにワンツーを決めたトーレス、続くワンツーでマガーニャの動きが止まる。トーレスはほぼマガーニャのテイクダウン狙いを切り、ほとんど打撃を受けないまま攻勢を握る。右フックから右ハイ、さらに右サイドキックと波状攻撃を見せ、マガーニャが何か仕掛けるとスッとバックステップするトーレス。さらにワンツーから右ハイ、そしてサイドキックとトーレスの一方的な展開のまま試合は最後の1分を切る。

ワンツーから右ハイ、カラテの色が残る攻撃で最後までマガーニャが付け入る隙を見せなかったトーレスは、残り10秒でテイクダウンを決めると、ジャッジ一人は30-26をつけたパーフェクトウィンを収めた。

PR
PR

関連記事

Movie

大会予定(現地時間)

JBJJF ALL JAPAN