この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX13】ドスサントス&アリスター出場大会で、注目はドスアンジョス×ネイト・ディアズ

Diaz vs Dos Anjos【写真】人気も知名度もネイトがドスアンジョスを上回るだろう。ただし、現在の実力は……(C)MMAPLANET

13日(土・現地時間)、アリゾナ州フェニックスのUSエアウェイズ・センターでUFC FOX13「dos Santos vs Miocic」が開催される。この前夜12日にはラスベガスでTUF20Finaleが開かれ、連夜の米国大会となる。

今大会はイベント名にある通り、メインでジュニオール・ドスサントス×スタイプ・ミオシッチが組まれ、アリスター・オーフレイム×ステファン・シュトルーフのオランダ人決戦、さらにはマット・ミトリオン×ガブリエル・ナパォンとヘビー級ウォーズが繰り広げられる。

そんななかメインカードに組まれたライト級の一戦=ハファエル・ドスアンジョス×ネイト・ディアス戦に注目したい。昨年11月のグレイ・メイナード戦以来、実に1年振りのオクタゴン復帰となるネイト。別に体に不具合があったわけでなく、兄ニック、盟友ギルバート・メレンデスの好待遇を目の当たりに、契約交渉に長らく時間を要してしまった。メイナード戦こそ初回TKO勝ちしているネイトだが、それ以前はジョシュ・トムソン戦でKO負け、ベンソン・ヘンダーソンとの世界戦でも完封負けを喫している。

長身&サウスポーのネイト、長いリーチを生かし相手の前進を遮断し、ケージに詰められても胸を合わせた状態だと豪快な払い腰でテイクダウンを奪う。寝技では背中をマットにつけようとも必殺の三角絞め、さらにはスクランブルではギロチンと全局面で戦うことができる。ただし、MMAの進化はスピーディだ。ネイトの攻撃は全て、相手が攻めてきた時に対するカウンター攻撃、あるいは迎え撃つ後の先的な戦い方といえる。

相手が足を使った場合、あるいは角度をつけた場合はフラストレーションが溜まり、自ら前に出ていくことでリズムを狂わせがちになる。その辺りがコンスタントに勝てなくなってきた要因となっている。対してドスアンジョスはMMAの進化を自らの動きで体現しているような勢いがある。

過去10戦で8勝2敗、カビブ・ヌルマゴメドフに敗れたものの、ドナルド・セラーニに勝利、直近の試合=8月のベンソン・ヘンダーソン戦では151秒でKO勝ちを収めている。柔術家からムエタイ&レスリングを消化したドスアンジョスは、流れのなかで繰り出す攻撃の一つ一つにパワーがついてきている。もともと右フックの強さは定評があったが、最近では右ボディフック、そして左ストレート&右ミドルの力強さには目を見張るものがある。

MMAには左右の構えがない時代に突入しつつあるなかで、ドスアンジョスは左のパンチの威力が増し、右の蹴りがより切れるようになったことで、自らと同じサウスポーにもより攻撃的なファイトを仕掛けることができるようになった。今回のネイト戦もサウスポー対決、前述したように待ち受けるファイトはお手の物のネイトだが、時代は変わった。パンチ、蹴りも豊富になり、テイクダウンとヒザ蹴り、クリンチとエルボーを織り交ぜるドスアンジョスに対し、以前のままでは勝ち目は薄い。この1年、ネイトがどのような進化を遂げたのか。目に見えるような変化がないようだと、ドスアンジョスの勝利は動かしがたいだろう。

■UFC FOX13 対戦カード

<ヘビー級/5分5R>
ジュニオール・ドスサントス(米国/2位)
スタイプ・ミオシッチ(米国/4位)

<ライト級/5分3R>
ハファエル・ドスアンジョス(ブラジル/3位)
ネイト・ディアス(米国/14位)

<ヘビー級/5分3R>
アリスター・オーフレイム(オランダ/11位)
ステファン・シュトルーフ(オランダ/15位)

<ヘビー級/5分3R>
ガブリエル・ナパォン(ブラジル/12位)
マット・ミトリオン(米国/14位)

<フライ級/5分3R>
ジョン・モラガ(米国/5位)
ウィリー・ゲイツ(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
クラウジア・ガデーリャ(ブラジル)
ヨアナ・イェンジェチック(ポーランド)

<ウェルター級/5分3R>
ジョー・リッグス(米国)
ベン・サンダース(米国)

<ライト級/5分3R>
ジェイミー・ヴァーナー(米国)
ドリュー・ドバー(米国)

<ミドル級/5分3R>
デレック・ブルンソン(米国)
エド・ハーマン(米国)

<ライト級/5分3R>
ジョー・エレンバーガー(米国)
ブライアン・バルベレナ(米国)

<ライト級/5分3R>
デビッド・ミショー(米国)
ギャレット・ホワイトリー(米国)

<バンタム級/5分3R>
ヘンリー・セフード(米国)
ダスティン・キムラ(米国)

<バンタム級/5分3R>
アンソニー・バーチャック(米国)
イアン・エンウィソル(英国)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie