この星の格闘技を追いかける

【Glory02】イルンガがIt’s Showtime王者の意地で判定勝ち

<97キロ級/3分3R>
ダンヨ・イルンガ(ドイツ)
Def.
アリ・セニック(ベルギー)

It’s Showtime95kg級世界王者のダンヨ・イルンガは、トルコ出身地元ベルギー在住のアリ・セニックと対戦。1R、レミー・ボンヤスキーをセコンドに引き連れたイルンガは、ジャブからストレート。セニックは左フックを返す。イルンガは、なおもワンツーで入る。セニックは左フックのカウンター狙い。右ローキックのイルンガ。セニックは、右から左。イルンガは、コーナーへつめて右ローキックから右フック。イルンガは、右ストレートを返し、左ヒザ蹴り。セニックは、ワンツー。イルンガは右ローキック、さらに前へ出て、右ローキックで追い込む。そして、ヒザ蹴りも入る。下がるセニック。ときおり、セニックの右フックがかすめる。セニックの後ろ廻し蹴りでラウンド終了。

2R、やや優勢のイルンガ。セニックのフックを見極めて、右ストレート。前へ出るセニックにヒザ蹴りのカウンター。失速するセニック。カウンター狙いか、下がる場面が目立つ。アッパーを打つセニック。イルンガは、ヒザ蹴りからフック。イルンガは、カウンターのヒザ蹴り。セニックはローキックで体が流れてしまう。イルンガは、なおも前進してフック、ヒザ蹴りが入る。苦しまぐれに放つセニックのフックが、ときおり入る。

3R、ここでも前へ出るイルンガ。フックを返すセニック。これが、たまにヒットする。イルンガは、右ストレート、ヒザ蹴りが入る。セニックはしぶとい。イルンガの猛攻は止まらない。セニックの大振りは相変わらずだが、たまにヒットするのでイルンガはあと一歩を攻めきれない。右、左フックからヒザ蹴りを放つイルンガだが、キレがなくなっていく。互いにスタミナが切れそうだ。イルンガの右ストレートが入り、飛びヒザ蹴り。最後まで打ち合い、勝負は判定へ。結果、イルンガが判定をものにした。

PR
PR

関連記事

Movie