この星の格闘技を追いかける

【Pancrase263】速報 大山引退試合はセコンドのタオル投入、2015年春よりTV東京で中継へ

Pancrase 263【写真】大山峻護の引退試合にウェルター級選手権試合、村山のKO劇など熱戦が続いた(C)MMAPLANET

6日(土)、東京都江東区のディファ有明でPancrase263が開催された。

メインで大山峻護の引退試合が行われたこともあり、場内は満員の盛況ぶり。そして多くの友人、知人、ファンに見送られる形となった大山は、1R終盤から桜木裕司に攻め込まれる場面が増えると、2Rには背中を見せるようにダウンを喫してしまう。大山はパウンドを受けながらも懸命に起き上がろうとしたが、セコンドがタオルを投入。13年に渡るプロMMAファイターのキャリアに幕を閉じた。

王者レッツ豪太にチャレンジャー近藤有己が挑んだウェルター級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチは、王者が終始リーチを生かしたジャブ攻撃で試合をリード。近藤が打ち気に逸るとテイクダウンという攻撃を見せたレッツ豪太が、判定勝ちを収め初防衛に成功した。また注目のワールドスラムトーナメントライト級準決勝戦のアキラ×奥野“轟天”泰舗の一戦は、2Rにアキラの指が奥野の左目に入り、角膜に傷があるということで試合続行不可能に。アクシデントとみなされ、その時点までのスコアが集計され、アキラの判定勝ちとなっている。

【写真】年が明けて1月にはさらにTV中継に関して発表があることを酒井代表が明言した(C)MMAPLANET

【写真】年が明けて1月にはさらにTV中継に関して発表があることを酒井代表が明言した(C)MMAPLANET

また、村山暁洋が鈴木槙吾に見事な右ストレートを打ち込み、パウンドからTKO勝ちを収めた試合と、古賀靖隆が執念のテイクダウンからトップ奪取で北郷祐介を破った激闘の合間に、パンクラス酒井正和代表から、2015年にTV東京でパンクラスの地上波中継が復活されるという発表もあった。

酒井代表によると、2015年度の大会を中心に90分のスペシャル番組が組まれ、最低でも年に4回の放送が成されるとのこと。収録はライブで行い、後からナレーションが加わったライブ感のある中継になる模様だ。また、BSジャパンによって全国で同番組は放送されることも併せて明らかになっている。

PANCRASE 263
<フェザー級/3分3R>
○杉山和史(日本)3R
判定
×三苫“キングコング”亮人(日本)
<フェザー級/3分3R>
○蓮實光(日本)3R
判定
×飯嶋貴幸(日本)
<バンタム級/3分3R>
○阪中カツヒロ(日本)3R
判定
×亮AKB(日本)
<バンタム級/3分3R>
○統好(日本)2R0分09秒
TKO
×工藤修久(日本)
<スーパーフライ級/3分3R>
○宮城友一(日本)3R
判定
×鮎田直人(日本)
<スーパーフライ級/3分3R>
○田中智也(日本)1R1分12秒
腕十字
×小野隆史(日本)
<無差別級/3分3R>
○桜木裕司(日本)2R1分03秒
TKO
×大山峻護(日本)
<ウェルター級 K.O.P.T./5分3R>
○レッツ豪太(日本)3R
判定
×近藤有己(日本)
<ワールドスラムT準決勝戦 ライト級/5分3R>
○アキラ(日本)2R
判定
×奥野“轟天”泰舗(日本)
<ウェルター級/5分3R>
○村山暁洋(日本)3R0分27秒
TKO
×鈴木槙吾(日本)
<スーパーフライ級/5分3R>
○古賀靖隆(日本)3R
判定
×北郷祐介(日本)
<ライト級/3分3R>
○児山佳宏(日本)3R
判定
×太田駿平(日本)
<フェザー級/3分3R>
○牛久絢太郎(日本)3R
判定
×原田惟紘(日本)
<フライ級/3分3R>
○小塚誠司(日本)2R1分54秒
TKO
×須田悠(日本)
<スーパーフライ級/3分3R>
○井島裕彰(日本)3R
判定
×廣瀬勲(日本)
<バンタム級/3分3R>
○CORO(日本)3R1分53秒
RNC
×佐々木郁矢(日本)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY