この星の格闘技を追いかける

【Metamoris05】第3Rで決着つかず。奇想天外なキーナンもシモエスから一本取れず

Cornelius vs Simoes【写真】オモプラッタのクラッチにラペラを通し、そのままリバーサルに成功したキーナン・コーネリアス(C)METAMORIS

<20分1R>
ユーリ・シモエス(ブラジル)
Draw
キーナン・コーネリアス(米国)

シモエスは袖を掴んで、煽るように投げを2度見せる。組んでボディロックに出ようとしたシモエスに対し、コーネリアスは前転しながらグラウンドへ移動し、まずはスパイダーガードに。コーネリアスの三角狙いを防いだシモエスが担ぎからパスを狙う。ヒールにはいかないが、外掛けで下になりヒザにプレッシャーを与えるシモエス。下になったことで、魔のワームガードを避けることができる。シモエスのスイープ狙いにバックを取りにいったコーネリアス。ここでシモエスはドンキー・ガードへ。トップの立場からすると、足の方を向いた状態でニアマウントを取るも、両足を胴に絡まれた状態が続く。

胸を合わせにきたコーネリアスに対し、シモエスがヒザ十字へ。左足が伸びたようにも見えたコーネリアスだが、ここは足を引き抜いてダブルガードの状態に入る。コーネリアスは50/50へ。上を取ったコーネリアスがパスを狙う。ノーギワールド無差別級決勝の時と同じように柔軟な股関節を利したシモエスの足関狙いにも、コーネリアスはレッグドラッグからパスへ。ハーフでトップを取り、袖車を狙う。さらにラペラをとってブラボーチョークと攻勢に出るコーネリアス。シモエスはここも逃れクローズドガードに。

再びパスを狙ったコーネリアスに対し、シモエスはディープハーフの態勢に入る。ただし、左ワキを指されており、アームロックを仕掛けられる。シモエスが体を横回転し、腕を取った形いなり、両者が同時に立ち上がる。すぐに引き込んだコーネリアス、今度はシモエスがパスを仕掛ける。コーネリアスはラペラを取って起き上がり、パスを狙う。前転するように一気にバックに入ったコーネリアスが、四の字フックへ。送り襟絞めからアームロック、さらに腕十字へ。三角クラッチでラペラを足の間から抜き取り、そのままオモプラッタという、いかにもキーナン・コーネリアスらしい動き見せスイープに成功する。腕を抜いたシモエスが、逆にトライアングルへ。

防いだコーネリアスが、パス狙いから一気にバックを取りラペラを引き寄せると、腕十字狙いから、ラペラを取ったままでワキをすくっていく。コーネリアスを肩に担いで持ち上げようとしたシモエス。コーネリアスは前方に落とされ、ハーフガードを取るとラペラを使い、右足を喉下に差し込んでいく。90年の歴史を持つ柔術にあってコーネリアスは、ここ2年で誰も見たこともないような動きを次から次へと見せていく。残り15秒を切り、シモエスが外掛けから足関節を仕掛けるも、ここでタイムアップに。タップを奪うことはできなかったが、両者アグレッシブな姿勢で戦い抜き、特に奇想天外さでコーネリアスがより強い印象を残したドローとなった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

WEF X Arzalet

ONE DAY