この星の格闘技を追いかける

【RFC19】イ・ドルヒ戦がNCに終わった福田力 「ムキになって打ち合っちゃいました」

Riki Fukuda【写真】無念の結果、福田は次戦に向いて頭を切り替えている (C)MMAPLANET

9日(日・現地時間)のROAD FC19でイ・ドルヒとの一戦がノーコンテストに終わった福田力。1Rはテイクダウンを奪うなど攻勢だったが、2Rに2度に渡り蹴りが急所に入ってしまった。

試合翌日、韓国を離れる直前に試合を振り返ってもらった。

──ノーコンテスト、負けではないですが残念な結果となりました。

「まぁ、残念ですけど……それはそれで仕方がないので、次に向けてという風に気持ちを切り替えています」

──戦績云々ではなく、侮れないと言われていましたが、その通りでした。打撃をもらうシーン、寝技にいっても2度立ち上がられました。

「厳しい試合になることは覚悟していました。だから、そういう意味では想定内でした。立たれても、スタミナを凄く作っていたので3R攻め続けてやろうと思っていたので」

──判定で韓国びいきというのは、RFCは基本感じることはないのですが、あの歓声の大きさでイ・ドルヒの印象が強くなるのは怖かったです。

「まぁ、ちょっとムキになって打ち合っちゃいましたね(苦笑)。そういう部分は修正しないといけないですけど、熱くさせられてしまう雰囲気はありますよね」

──無理から打ち合う必要はなく、避けないといけないのですが、打ち合いで打ち勝たないと試合を落とすようなケースも考えられますしね。

「少し角度を変えるとか、ちょっとしたことで打開できると思うんですよ。やっぱりムキになって打ち合うのは良くないですし。打ち合いのなかに技術があって、そういう風に冷静に対処していかなければならないですね」

──左を打った後、打ち終わりでイ・ドルヒの右が飛んでくるような場面も少なくなかったです。

「打ち終わりにガードが落ちているとか、そういうことがあったかもしれないです。もともとフッカーなので、ぶん回して殴ることが得意なのでしょうが──研究されていたようですね」

──ホテルに戻った時に、12月に再戦という話がロビーで既にされていました(苦笑)。

「リマッチは当然、プロモーションサイドとしても必要でしょうし、自分も消化不良なのでもう一度、戦いたいです。お客さんには本当に申しわけなかったです。判定が続いて、期待も高かった中で、ああいう試合になってしまったので。ただ、いつ戦うのか時期に関しては考えさせてほしいです」

──アクシデントなら5分でインターバルを切り上げて、続行か可能か不可能かの判断。不可能ならそれまでのスコアで試合結果が決まるなどというレギュレーションも、まだ未整備だったみたいですね。

「試合が再開されるまで長かったので、実は凄く喉が乾いてしまっていたんです。ただ、それも言える雰囲気じゃないですし……。体が冷えないよう、そこは用心していました。でも、僕の立場とすればサジ加減一つで反則負けになっても何も文句は言えない状態だったので、ノーコンテストになってまだ良かったと思います。12月に絶対にやってほしいという強い要望があるなら、自分に非があるのでそれも真剣に検討します。またしっかりと調整して、今度はスッキリとした勝ち方をします」

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Brave x Grachan

Gokikai Karate

ONEday