この星の格闘技を追いかける

【UFC93】トキーニョ、ホーンを下すも本調子には遠く

2009.01.18

 (C) ZUFFA■第8試合ミドル級/5分3R
ホウジマール・トキーニョ(ブラジル)
Def.3R終了/判定
ジェレミー・ホーン(米国)

【写真】要所で見せ場を作ったトキーニョだが、ホーンの健闘も光り、試合は判定決着へ (C) ZUFFA

上背で頭一つ低く、肩から胸にかけて筋肉が発達しているトキーニョは、試合早々テイクダウンに成功。スイープを狙ったホーンだったが、飛びこんでこられたところで背中を見せてしまい、そのままバックを許してしまう。


一度はガードに戻したホーンだが、そのままサイドを許し、またも背中を見せる。再び後方からパンチを浴びたホーンは、またもガードへ戻すが、ここでもパウンドを受ける続けた。直後にトキーニョはヒールホールドを仕掛けたが、足を引き抜いたホーンが立ち上がることに成功する。

力でテイクダウンを奪ったトキーニョは、カメの態勢のホーンをパンチで攻め、ガードに戻されてもヒザ十字を狙っていく。関節技の合間に鉄槌を落とし続けたトキーニョは、ラウンド終了までホーンを攻め続けた。

2R、左フックをヒットさせたトキーニョは、思い切りホーンの体を抱えあげてのテイクダウン。ここでもバックを許すが、足のフックは防ぐホーンは、いいようにパンチを落とされてしまう。粘り腰のホーンは、ついに片足タックルからテイクダウンを奪うと、マウントを奪取し、肩固めへ。

態勢を入れ替え、スタンドへ戻ったトキーニョだが、ホーンの左ジャブでステップバックを強いられる。タックルを切られ、スタミナの消耗が気になるトキーニョは、パンチをヒットされたが、ホーンのハイキックが空振りとなるや直後にテイクダウンを奪う。さらに三角を仕掛けたホーンだったが、これを外されると、最後はトキーニョがパウンドを落としラウンドを終えた。

最終ラウンド、バックを奪い豪快なバックスローを見せたトキーニョ。ホーンの片足タックルを切りぬけ、両足タックルを仕掛ける。引き込みながら、ギロチンを狙ったホーンだが、この動きを察知したトキーニョは、トップキープから担ぎパスを狙う。ならばと、またもタートルポジションを見せたホーンは、一度は立ち上がるも、逃げきれずに、またも亀の態勢へ。

立ち上がったホーンから、両足タックルでテイクダウンを奪ったトキーニョ。しかし、クローズドガードで固定されると、エルボーを単発で落とすだけで動きが少なくなり、ブレイクを命じられてしまう。

直後のスタンドの攻防で、右ハイをヒットさせたホーン。しかし、テイクダウンしか狙わなくなったトキーニョに倒されてしまい万事休す。そのままタイムアップとなり、判定3-0でトキーニョが勝利を手にした。

また、試合後、ポジションで圧倒しながらも極められなかったというジョー・ローガンの問いに、トキーニョは「1Rで拳を折ってしまった」と答えた。

『UFC93 FRANKLIN vs HENDERSON』全試合結果一覧へ

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie