この星の格闘技を追いかける

【ROC42】スターリング、UFC経験者マッセンジオを1Rで破り、新王者に

2012.09.15

9月14日(金・現地時間)、米国ニュージャージー州アトランティックシティのトロピカーナリゾート&カジノでは、Ring of Combat42が開催され、フェザー、ミドル、ライトヘビー、バンタムと実に4階級でタイトルマッチが行われた。

米国東部の人材育成大会=ROC42度目のイベント、そのメインは、前王者ユライア・ホールの返上により、空位となったROCミドル級王座決定戦が組まれ、UFC戦績2勝5敗でリリースされたマイク・マッセンジオと、ストライクフォース・チャレンジャーに参戦経験のあるロナルド・スターリングJrが激突した。

キャリアに差がある両者の一戦は、スターリングが1R4分、マッセンジオのボディにヒザ蹴りを突き刺し、TKO勝ち。UFCで7戦しているマッセンジオを破ったことで、UFC参戦も視野に入る価値ある王座戴冠となった。

また、セミファイナルでは、フェザー級王者でIFL&WECベテラン=デヴィダス・タロセビュチスがマイク・サンチアゴと対戦、腕十字で2度目の防衛に成功している。さらに、ライトヘビー級選手権試合では、キャリア5戦5勝で王座に登り詰めたエド・ゴードンが、アントン・タラマンテスを迎え撃ったが、試合は予想外の判定負け。バンタム級では、ROCの他、ベラトールFCやKOTCでキャリアを積んだ王者ジミー・リベラが、ジョエル・ロバーツを判定で下している。

■ROC42 主な試合結果

<ROCミドル級王座決定戦/5分3R>
ロナルド・スターリングJr(米国)
Def.1R4分03秒 by TKO
マイク・マッセンジオ(米国)

<ROCフェザー級選手権試合/5分3R>
[王者]デヴィダス・タウロセビュチス(リトアニア)
Def.2R3分50秒 by 腕十字
[挑戦者]マイク・サンチアゴ(米国)

<ROCライトヘビー級選手権試合/5分3R>
[挑戦者]アントン・タラマンテス(米国)
Def.判定3-0
[王者]エド・ゴードン(米国)

<ROCバンタム級選手権試合/5分3R>
[王者]ジミー・リベラ(米国)
Def.判定3-0
[挑戦者]ジョエル・ロバーツ(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ジャマル・パターソン(米国)
Def.判定3-0
クリス・サットン(米国)

<ライト級/5分3R>
クリス・ワイド(米国)
Def.1R0分59秒 by ギロチンチョーク
アルフレッド・ウォルカー(米国)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie