この星の格闘技を追いかける

【ROC42】テイクダウン一本槍で、タラマンテスが新LH級王者に

2012.09.15

Talamantes

【写真】判定でゴードンを破って、新王者となったタラマンテスだが打撃が伸びない限り、広いケージでの活躍は難しそうだ(C)KEITH MILLS

<ROCライトヘビー級選手権試合/5分3R>
[挑戦者]アントン・タラマンテス(米国)
Def.3-0:29-28,29-28,29-28
[王者]エド・ゴードン(米国)

レスリング・ベースのタラマンテスの挑戦を受ける、王者ゴードン=セラ・ランゴ所属の期待の新鋭に大きな声援が集まる。テイクダウン狙いのフェイントを見せるタラマンテス、その頭が下がったところで右フックを狙うゴードン。ケージ際をサークリングで回りながら、ダブルレッグを仕掛けたタラマンテスが、そのまま反対側までゴードンを運んでテイクダウンに成功する。

ハーフガードから亀の態勢になって立ち上がろうとする王者にパウンドを集中させたタラマンテスは、王者をスタンドに逃してもテイクダウン狙いを潰し、逆に右ワキを差し上げてトップを奪う。

すぐに立ち上がったゴードンだが、ケージに詰まった状態で再び尻餅をつき、ガードを強いられるなど試合は挑戦者のペースで進む。ハーフガードで足を一本だけ挟むが、コントロールはできずタラマンテスのパウンドを受けるシーンが多かった王者は初回を失った。

2R、変わらず低い姿勢のタラマンテスに対し、同じように低い構えから左フックを見せる王者ゴードン。前に突き出た左足にローや、飛び込んでくるところにアッパーが欲しいところだ。と、王者はアッパーでタラマンテスのテイクダウン狙いを遮断するが、一旦下がってすぐにタラマンテスが組みついてケージに王者を押し込む。

すぐに距離を取り直したチャレンジャーは、ゴードンがじれて前に出てきたところで放ったローをキャッチ。そのままテイクダウンへ。再び、ケージに押し込まれ厳しい状態でハーフを取るゴードンは、左でオーバー、右はアンダーフックの状態をとるが、そのまま上体を抱えるのみで、立ち上がることができない。

レフェリーはブレイクを命じ、試合がスタンドに戻ってもテイクダウンをすぐに許してしまった王者、劣勢のまま後のない最終ラウンドをゴードンは迎えることとなった。左ジャブからすぐに組みつく挑戦者に、左フックからヒザ、さらにアッパーを打ち込む王者。懸命に組みつこうとするタラマンテスは、ボディにヒザを受けながらケージにゴードンを押し込んでいく。距離を取り直した王者の右アッパーは空振りに。

ただし、続く右フックがヒットしタラマンテスが下がる。マウスピースは吐き出すチャレンジャー、疲れた証拠だ。しかし、ここでゴードンはタラマンテスの右フックからのダブルレッグで簡単に背中をつけてしまう。1&2R同様に、ハーフで固まり立ち上がることができない後^-ドンはパウンドを顔面に受けながらタイムアップのゴングを聞いた。勝者のコールを受けたのは当然のように挑戦者、タラマンテスが新ROCライトヘビー級チャンピオンの座に輝いた。

PR
PR

関連記事

Movie