この星の格闘技を追いかける

【UFC93】ベルチャー、カーンをギロチン葬に

 (C) ZUFFA■第7試合ミドル級/5分3R
アラン・ベルチャー(米国)
Def.2R4分36秒/ギロチンチョーク
デニス・カーン(カナダ)

【写真】注目が集まったカーンのUFCデビューだったが、層の厚いミドル級を象徴するかの如く、ベルチャーがギロチンで立ちはだかった (C) ZUFFA

前へ出るベルチャーに対し、左へ回るカーン。左フックから、左ストレートをヒットさせたカーンは、そのまま両足タックルでテイクダウンを奪うことに成功する。左へパスを狙うカーンに、ベルチャーは潜りスイープを狙う。スタンドへ戻ると、ワンツーをヒットさせたカーンが、右ストレートから左を放ち、ベルチャーのヒザ蹴りの直前にテイクダウンを再び奪うことに成功する。


ガードからカーンの胸を蹴り上げ、手首をつかんで有効ならパウンドを許さないベルチャー。カーンはアナコンダチョークから、ハーフガードの態勢となり、アームロックを狙っていく。サイドマウントからカーンがエルボーを落としたところで初回が終了した。

2R、前へ進むもバランスを崩したベルチャーは、そのまま組みついてカーンをケージに押し込む。差し返し、足払いからテイクダウンをカーンが狙うと、ベルチャーは自ら距離を取る。右ストレートに力を込めるベルチャーに、カーンはまたもテイクダウンに成功する。フックガードから、スイープを仕掛けたベルチャーに対し、カーンは首狙いからパスをうかがう。右足がどうしても抜けないカーンは、自ら立ち上がりパウンドを狙うが、ベルチャーも負けじと三角絞めを仕掛ける素振りを見せる。ここで動きが少ないとレフェリーからブレイクが命じられ、試合はスタンドで再開となった。

と、パンチのスピード、足の運び方が極端に遅くなったカーン。シングルレッグ・ダイブからテイクダウンを狙ったが勢いがなく、ベルチャーが得意のギロチンの態勢へ。ベルチャーが思い切り力を込めると、カーンはたまらずタップアウト。飛躍を誓ったオクタゴンデビュー戦で、またしてもPRIDE戦士が苦杯をなめることとなった。

『UFC93 FRANKLIN vs HENDERSON』全試合結果一覧へ

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie