この星の格闘技を追いかける

【OFC23】フィリピン大会に岡嵜出場、ベリンゴンと対戦へ。ホジャ―・グレイシーの初陣も決定!!

OFC23【写真】岡嵜がベリンゴンと対戦。バナリオ、ホジャ―の出場とマニラ大会は引き続き好カードが多く組まれている (C)MMAPLANET

7日(金・現地時間)、シンガポール大会を控えるONE FC。3日(月・同)に恒例となっている次回大会の追加カード発表により、ファイトウィークの始まりを告げた。12月5日(金・同)にフィリピンのマニラ・MOAアリーナで行われるOFC23「WARRIOR’S WAY」は既にOFC世界バンタム級選手権試合ビビアーノ・フェルナンデス×キム・デフォン、ヘビー級マッチ=ブランドン・ベラ×イゴール・スボラ戦がアナウンスされていたが、今回の追加発表は3試合、そしてようやく日本人ファイターの名前を見つけることができる。

7月の台湾大会に引き続き、岡嵜康悦がチーム・ラカイ所属のケビン・ベリンゴンと対戦することが発表された。ビビアーノに敗れたものの、その後はジョシュ・アルバレス、ユーサップ・サーデュラエフに連勝をしている岡嵜にとって、フィリピン大会はOFC出場4試合で3度目ということになる。今大会で世界王座に挑戦するキム・デフォン、前回5月のマニラ大会で世界戦に出場した上田将勝は揃ってベリンゴン越えを果たしたことで、ビビアーノ・フェルナンデスへの挑戦権を手にしており、岡嵜としてはアジアトップクラスとの戦いとなる今回の試合──、結果のみならず勝ち方が問われる大勝負となる。

またベリンゴンの同門、元フェザー級王者ホノリオ・バナリオは、これまで4連勝中のエウベウ・バーンズと対戦する。母国の大会で、ベリンゴンとともに決して楽な相手でない厳しい試合に臨むこととなった。また、一時はMMA引退発言から一転、OFCと契約を果たしたホジャ―・グレイシーが、ジェイムス・マックスウィーニーとOFC初陣を戦うこととなった。強烈な打撃の持ち主を相手に、ライトヘビー級に戻したホジャ―がどのようなMMAを見せることができるか。また、同じライトヘビー級でイヴォルブMMAのジェイク・バトラーが、昨年10月のOFC11でTKO負けを喫したシルヴェイン・ポターとの再戦も決まっている。シンガポール大会が、これまでのよりバリューが下がった感があったOFCだが、一点、マニラではビビアーノにホジャ―、ベラの初陣、そしてフィリピン・トップ勢が揃い充実のラインナップとなりそうだ。

PR
PR

関連記事

Movie

大会予定(現地時間)

JBJJF ALL JAPAN