この星の格闘技を追いかける

【UFC93】ダン、ショーグン、コールマン PRIDE勢悲喜交交

2009.01.18

【写真】コールマンとショーグンの一戦は、両者共、かつて日本で魅せた強さは微塵にも感じられない動きを露呈した (C) ZUFFA

2009年のUFCがアイルランドで幕を開けた。17日(土・現地時間)、アイルランドの首都ダブリンのO2アリーナで行われた『UFC93 FRANKLIN vs HENDERSON』。メインイベントでは、復活へのきっかけを掴みつつある実力者対決=前UFC世界ミドル級王者リッチ・フランクリンと、PRIDEダブルクラウン、ダン・ヘンダーソンの対戦が行われた。

試合は序盤からヘンダーソンが優勢に進めるも、固いガードワークで決め手を与えず、徐々にフランクリンが劣勢を挽回。それでも最後はスプリットの判定でヘンダーソンに凱歌があがった。

また、セミファイナルではUFC殿堂入りを果たした44歳マーク・コールマンと、1年4カ月ぶりの復帰戦となるマウリシオ・ショーグンが激突。しかし、試合前半でスタミナをロスした両者は、中盤以降、スローモーションのような試合を展開。最後はアッパーでTKO勝ちを奪ったショーグンだったが、フラフラのコールマンを仕留め損ない、逆にスタミナを切らしたその姿からは、かつて日本で魅せた強さは微塵にも感じられなかった。


その他、同大会では日本で活躍したデニス・カーンに、ブラジル期待の“新・柔術マジシャン”ホウジマール・トキーニョなど、急激に層が厚くなりつつあるミドル級期待のファイターたちが参戦を果たす――。そんな注目のミドル級戦線だったが、第7試合に登場したカーンは手痛い敗戦。序盤こそベルチャーからタックルでテイクダウンを奪ったが、決め手がなく、2R中盤にはスタミナをロスして失速すると、これまで成功していたタックルをベルチャーにきられ、得意のギロチンを仕掛けたベルチャーが逆転の一本勝ち。

また、第8試合のトキーニョ×ジェレミー・ホーンは、ポジショニングでホーンを圧倒したトキーニョが判定勝ちを挙げたが、本調子には遠い内容に試合後のインタビューでは「1Rで拳を折ってしまった」と明かしていた。

『UFC93 FRANKLIN vs HENDERSON』全試合結果一覧へ

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie