この星の格闘技を追いかける

【OFC05】寝技でボネロを相手にせず、ホーレス・グレイシーが一本勝ち

2012.09.01

<ヘビー級/5分3R>
ホーレス・グレイシー(ブラジル)
Def.3R1分39秒 by リアネイキドチョーク
トニー・ボネロ(米国)

互いに左ジャブを伸ばすと、ボネロが左ローを見せる。続く左ミドルにテイクダウンを合わせたホーレスは、ワキ差パスからそのままマウントへ。ホーレスが上体を起こすと、ボネロは懸命にしがみついて隙間をなくしていく。再び体を起こし、アゴを押したホーレスのマウントが続く。

残り2分を切り、ホーレスは腰を抱えるボネロに対し、三角絞めをセットアップしていく。ブリッジをするボネロだが、ホーレスは崩れない。勢いのあるパンチを落とし始めたホーレスは、肩固めへ。ブリッジをしたボネロは、ココを切り抜けて立ち上がる。直後に組みついたホーレスが、再びテイクダウンに成功し初回を戦い終えた。

2R、両目の周囲を大きく腫らし、カットもしているボネロは、すぐにテイクダウンを許し、ハーフからパンチを落とされる。二重絡みも足が逆だったボネロは、直後にマウントを奪われる。振りの大きなパウンドを落とすホーレスは、サイドに戻り、左のパンチを連続する。

ニーインザベリーから、再びマウントの状態となったホーレスが、振りの大きな鉄槌を落とす。ブリッジで暴れるボネロだが、またもマウントを許しパンチを顔面に受けるが、ここでマウントを返す。残り1分、ガードを取ったホーレスはクローズドガードからオープンへ。立ち上がったボネロがローキックを蹴り込み、右のパウンドへ。すぐにトップを取り返したホーレスは、ニーインザベリーの状態に。ここで初回に続きホーレスが圧倒した2Rが終了した。

最終回、組みついたホーレスのボディにヒザを突き上げるボネロ。ホーレスはハイクロッチから、ダブルに切り替えバックを奪う。亀の態勢のボネロに両足をフックしながら、後方に倒れ込んだホーレスが、リアネイキドチョークで一本勝ちした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie