この星の格闘技を追いかける

【PXC45】クリンチゲーム制したウォーカーがジョン・ユジンを押し切る

<女子ストロー級/5分3R>
ブローガン・ウォーカー(グアム)
Def.3-0
ジョン・ユジン(韓国)

タイガームエタイでトレーニングを積んだウォーカー、KTTのジョン・ユジンを険しい表情で睨み付ける。タッチグローブを拒否したジョン・ユジンに組み付きヒザを突き上げるウォーカー。ケージに押し込み両ワキを差す。一本差し替えし、小外掛けでテイクダウンを奪ったのはジョン・ユジンだったが、ウォーカーはすぐに立ち上がる。再びジョン・ユジンをケージに押し込み、ウォーカーがヒザを入れる。ヒザをボディに蹴り上げ合うなか、ウォーカーがエルボーを打ち込む。ブレイク後、両者がミドルを見せ、ジョン・ユジンは右フックや前蹴りを繰り出す。

ウォーカーも前蹴りを返し、ジャブを見せるも、ジョン・ユジンが右ストレートから右ミドルへ。ここでウォーカーが組んでケージに押し込み、ヒザを連続で見せたところで初回が終了した。2R、ジョン・ユジンのワンツーに組んだウォーカーはここでもヒザを放つ。距離ができると、パンチを当てるのはジョン・ユジン。パンチの距離になるや、ウォーカーはすぐに組んでいく。バックを窺ったジョン・ユジンがウォーカーを金網に押し込むも、レフェリーがブレイクを命じる。

ウォーカーは右ジャブ、左ミドルを放つも威力はジョン・ユジンの右フックが上か。と、ウォーカーの前蹴りがジョン・ユジンの顔面を捉える。ここで試合はケージ際へ移行し、組み合いになるや、レフェリーがすぐに両者を分ける。鼻血を流す両者、ジョン・ユジンの右ミドルに、ウォーカーは左ハイから右ローを蹴り込む。さらに左ミドルを入れたウォーカーが左フック、ジョン・ユジンが右ストレートを返す。パンチを被弾するとウォーカーはここでも組みに行き、連打を許さない。ここで2Rも終わり、試合は最終回へ。

パンチを交換した両者、右をダブルで入れたジョン・ユジンが前に出る。右ミドルを蹴り合い、前に出てくるジョン・ユジンをウォーカーは蹴りとジャブで捌こうとしたが、パンチを被弾して組みへ。早々にレフェリーがブレイクを掛け、打撃の間合いに。右ハイから右ストレート、再び右を見せたジョン・ユジン。ウォーカーはクリンチ、そしてレフェリーが両者を分ける。右を被弾しまたも組み付くウォーカー、ジョン・ユジンは大内刈りを狙うも、首相撲からヒザをボディに受ける。両ワキを差してもバックに回れなかったジョン・ユジンに、最後の10秒でパンチをまとめたウォーカーが3-0の判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie