この星の格闘技を追いかける

【UFC179】小谷直之、桜庭和志下したヤン・カブラルとラストチャンス?! 7年越しのオクタゴン初勝利へ

Naoyuki Kotani【写真】写真は2007年4月のUFC初戦、小谷にとってブラジルでの戦いは決してやさしいものではない。しかし、これまでの対戦相手チアゴ・タヴァレス、デニス・シバー、ノーマン・パークと比較するとカブラルは組みしやすいスタイルの持ち主と考えられるが……7年越しのオクタゴン初勝利はなるか(C)MMAPLANET

25日(土・現地時間)、UFC 179「Aldo vs Mendes 2」がブラジルはリオデジャネイロのジナーシオ・ジウベウト・カルドッソで行われ日本から小谷直之が出場する。

2007年のUFC出場&リリースから、7年の時を経て7月にオクタゴン復帰を果たした小谷。この間、国内で16勝3敗2分、終盤は13連勝という破竹の勢いを見せていた。しかし、ノーマン・パークとの対戦では打撃でプレッシャーを掛けられ、テイクダウンを狙ってもスプロールされ厳しい展開が続いた。組みついても潰されバックを許してパンチやエルボーを被弾、最後は足関を防がれ、逆にテイクダウンをパークに奪われると成す術なくパンチを連打されTKO負けとなった。

小谷にとって非常に厳しい敗北を受けての2戦目が、ブラジル──リオデジャネイロのファイト。これがラストチャンスという見方も成り立つ。対戦相手は地元ノヴァウニオン所属のヤン・カブラルだ。スペインに長期滞在し、欧州でMMAキャリアを重ねたカブラルは、2011年9月にDREAMで桜庭和志をノヴァウニオン・スペシャルというべき肩固めで破り、一躍注目を浴びた。

その後、TUFブラジル02に出演しUFCデビューを飾るも現在まで1勝1敗で今回がライト級転向初戦となる。課題は打撃戦、そして序盤に寝技に持ちこんでも極めきれず、体力を消耗。その後はテイクダウン狙いから引き込むという現代MMAでは負のスパイラルと捉えられている状況に陥り、ザック・カミングス戦では自らの庭であるはずの寝技でも劣性を強いられるなど、彼もまた厳しい状況に置かれている。

そんなカブラルが相手なだけに、打撃は一発以外のプレッシャーがない分、小谷としては日本で魅せていた戦いで疲弊させることも可能だ。できれば打撃からケージに押し込んでは、組技に付き合うことなく距離を取り直す。そしてテイクダウンを警戒しながら打撃戦に戻るという戦いを繰り返したい。

そうすればカブラルは強引な攻めを見せ、初めてのライト級ということもありスタミナロスにもつながるだろう。気を付けたいのは汗をかく前のテイクダウン、バックを与えること、引き込みからのリバーサル、上を取ったとしてもガードから三角の4点。初回にこの4つのカブラルの攻撃をしのぐことで、小谷は自らのペースを掴み、7年越しのオクタゴン初勝利を手繰り寄せてほしいものだ。

■UFC179対戦カード

<UFC世界フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者] ジョゼ・アルド(ブラジル)
[挑戦者] チャド・メンデス(米国/1位)

<ライトヘビー級/5分3R>
グローバー・テイシェイラ(ブラジル/4位)
フィル・デイビス(米国/6位)

<ライトヘビー級/5分3R>
ファビオ・マルドナード(ブラジル/15位)
ハンス・ストリンガー(オランダ)

<フェザー級/5分3R>
ダレン・エルキンス(米国/13位)
ルカス・マルチンス(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
カルロス・ディエゴ・フェレイラ(ブラジル)
ベニール・ダリューシュ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ヴィリアム・パトリーノ(ブラジル)
ニール・マグニ―(米国)

<ライト級/5分3R>
ヤン・カブラル(ブラジル)
小谷直之(日本)

<フライ級/5分3R>
スコット・ヨルゲンセン(米国/15位)
ウィルソン・ヘイス(ブラジル)

<フェザー級/5分3R>
フィリッピ・アランテス(ブラジル)
アンドレ・フィーリ(米国)

<ライト級/5分3R>
ジルベウト・ドゥリーニョ(ブラジル)
クリストス・ギアゴ(米国)

<ライト級/5分3R>
ファブリシオ・モランゴ(ブラジル)
トニー・マーチン(米国)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie