この星の格闘技を追いかける

【UFC181】世界戦出場の4選手が会見に出席。メレンデス が語るアドバンテージとは??

UFC181 PC【写真】会見に出席したアンソニー・ペティスとジョニー・ヘンドリックスの両チャンピオン。ダナ・ホワイトを挟み、ロビー・ローラーとギルバート・メレンデスが座っていた(C)MMAPLANET

26日(金・現地時間)、UFC178「Johnson vs Cariaso」の公開計量に先立ち、UFC181のオン・セール記者会見が行われた。12月6日(土・同)、同じラスベガスのマンダレイベイ・イベンツセンターで開催されるUFC181。UFC世界ミドル級選手権試合クリス・ワイドマン×ヴィトー・ベウフォートに代わり、メインで組まれることとなったUFC世界ウェルター級選手権試合で戦うジョニー・ヘンドリックスとロビー・ローラー、そして世界ライト級選手権試合で対戦するアンソニー・ペティスとギルバート・メレンデスに加え、ダナ・ホワイトが同会見に出席した。

昨年8月の王座奪取以来、実に1年3カ月以上実戦から遠ざかっているライト級王者ペティスが「半年間、練習ができずキックも出せなくてストレスが溜まっていた。凄くエキサイティングしている。ベストの体調で戦う」と語れば、これが2度目のUFC世界ライト級王座挑戦となるメレンデスも「前の挑戦は、初めてのUFCでの試合だったし堅く戦い過ぎた。TUFに出演しているといっても、ペティスとは練習時間も違うし、意識することはない。これまで世界のベストファイターと戦ってきた。それがアドバンテージになる」と話した。

【写真】DCコミックとのコラボ・ポスター。当然アメコミ調だが――、メレンデスが余りにも似ていない……(C)MMAPLANET

【写真】DCコミックとのコラボ・ポスター。当然アメコミ調だが――、メレンデスが余りにも似ていない……(C)MMAPLANET

一方、ウェルター級王座挑戦というリベンジ戦に挑むローラーは、今回の再戦について「エレンバーガーに勝った時点で挑戦できると思っていた。でも、もう1試合挟むことで、一段と強くなれた。自分がベストだと証明することになる」と意気込みを語っている。

なお、会見の冒頭にDCコミックとのコラボ・ポスターを発表したダナ・ホワイトは、会見後ファンとのQ&Aセッションのなかでジョン・ジョーンズ×ダニエル・コーミエーは2月に行ない、ロンダ・ラウジーは1月か映画撮影を終えた3月に戦うことになり、対戦相手は明日の大会を見て決めることを明らかにしている。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie