この星の格闘技を追いかける

【Titan FC30】フェザー級生き残り戦を制したフリアが、カート・ホロボウとのタイトル戦へ

<フェザー級/5分3R>
トニーニョ・フリア(ブラジル)
Def.2-1:29-28,29-28,28-29,
ロバート・ワシントン(米国)

キャリア29勝3敗のフリアに対し、ワシントンが右ローを蹴り込むもバランスを崩す。すぐに立ち上がったワシントンに、フリアの左ローが急所へ。再開後、ワンツーから左ミドルを見せたフリアが、ワシントンのローにテイクダウンを合わせる。スプロールしたワシントンが、逆にテイクダウン狙いで組みつくとフリアはスイッチからバックを伺う。これを嫌がったワシントンが、距離を取り直し、直後にダブルレッグを仕掛けるも防がれる。フリアの左ジャブを打ち込み、踏み込んでヒザ蹴りを入れる。フリアは動きの落ちたワシントンに左右のフックからテンカオ、さらに首相撲からヒザを連続でボディに突き上げる。フリアはサウスポーに構えを変え、ワシントンの右ストレートをよけ、プレッシャーを掛ける。さらに右ジャブ、右前蹴りを繰り出し、左ミドルから右ニーとラウンド終了間際にもフリアが攻撃を集中させた。

2R、ワシントンは右ボディ、続いてダブルレッグで組みつきフリアをケージに押し込む。フリアのスイッチを防いだワシントンだが、重心を高く戻されてしまう。フリアはヒザをボディに入れて距離を取り直すも、ワシントンの右ローを連続で受ける。ワシントンは再びダブルレッグへ。腰をコントロールしたワシントンがテイクダウンを奪うも、フリアがヒザ十字へ。完全に右足が伸びたかのように見えたワシントンだが、ここを逃れるとハーフながらトップをキープした。

最終回、オーソに戻したフリアが右ハイ、ワシントンの頭を掠めるも空振りに終わる。続いて右ミドルをフリアが入れ、ワシントンのテイクダウン狙い防ぐと、左ミドルも蹴り込む。ワシントンのテイクダウン狙いをスプロールしたフリアは、右ローを繰り出す。ワシントンのダブルレッグに、フリアはここでもスイッチを仕掛ける。強引に持ち上げて、フリアを前方に落すワシントン。フリアはすぐに立ち上がり、払い腰でテイクダウンを狙う。同体で立ち上がると、フリアはワシントンのテイクダウン狙いにミドルを合わせる。構わず組みついたワシントンだが、テイクダウンは奪えない。

残り30秒でブレイクが掛かると、フリアは右ミドルを入れる、ワシントンはシングルからバックを取り、何とかフリアからテイクダウンを奪おうと試みるも、そのまま倒し切れずタイムアップに。ジャッジの裁定は2-1に分かれたが、勝者フリアがカート・ホロボウとのフェザー級選手権試合に挑むことが決まった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie