この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX04】小見川、ガンバーリャンに判定負けで2連敗

2012.08.05

<フェザー級/5分3R>
マニー・ガンバーリャン(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、30-27
小見川道大(日本)

スイッチをしながら、左右にサークリングを見せる小見川。ジリジリと距離を詰めるガンバーリャンとの間合いを外す。ガンバーリャンも慎重が立ち上がりを見せるが、いきなりフライングニーを繰り出す。サウスポーの構えから左ストレートを打ち込み、ガンバーリャンに膝をつかせた小見川は、攻め急ぐことなく足を使う。

打っては移動する小見川に、ガンバーリャンのフック、ボディストレートがヒットする。再び左を打ち込んだ小見川、続く右フックでガンバーリャンがグラつく。ここで前に出た小見川は、ガンバーリャンのテイクダウン狙いを余裕をもってかわす。パンチのフェイントに反応するガンバーリャンは、ここで右ハイを見せるが当たりは浅い。

と、両者のパンチがオクタゴン中央で交錯する。ガンバーリャンのボディが再びヒットし、さらに右フックが小見川の顔面を捉える。残り1分、小見川は左を振るいながら前に出て、左ボディを打ち込む。左フックを打ち込んだ小見川はガンバーリャンのシングルレッグを切って、スタンドをキープ。そのまま1Rが終了した。

2R、すぐに左を打ち込んだ小見川、左フックの打ち合いから足払いを見せる。1Rとは逆にケージ際を移動するようになったガンバーリャンのシングルレッグに、小見川はスタンドでチョークを合せようとする。バックに回りつつ、シングル、ダブルと執拗にテイクダウンを狙うガンバーリャン、小見川は一度尻餅をつくがすぐに立ち上がる。

と、後方にスラムしたガンバーリャン。小見川はなかなか向き合うことが出来ない。続く後方への投げの直後に、バックマウントを許した小見川は、ガンバーリャンの右手を掴んでリアネイキドチョークを防ぐ。足を一本戻した小見川は、ガードから腕を極めに。小見川が立ち上がると、ガンバーリャンはシングルレッグから離れ際に右フックを放っていく。

残り1分、慎重に距離を取るガンバーリャンが足を使いカウンター狙いの姿勢のまま2回が終了し、小見川はこのラウンドを落した。1Rが微妙なだけに、最終回は絶対に取る必要がある。セコンドの勝村周一朗は「カウンターを合せられないし、足払いを仕掛けて」と指示を送る。

最後の5分がスタート、小見川は左から右、足払いを見せるが、ガンバーリャンの右ハイを受けて体がよろめく。2発、3発と右ハイを続けるガンバーリャンに対し、小見川は正面に立って打撃戦へ。小見川は左ボディ、左フック、至近距離でショートフックを打ちこむ。距離を取り直しガンバーリャン、再び左を打ち込むと、ガンバーリャンの右をかわしてパンチを伸ばす。ラウンドも半分となり、ガンバーリャンはダブルレッグへ。シングルに持ち替えてテイクダウンを奪う。

立ち上がって胸を合せた小見川は、ギロチンへいくが、そのまま背中をつけてしまう。執拗に組み続けるガンバーリャンは、肩に小見川を抱え上げてスラムへ。残り1分となり、再びスラムからサイドへいったガンバーリャンに対し、すぐに立ち上がった小見川がネックロックを仕掛ける。残り10秒、打撃で追い込むことができなかった小見川は、形勢を逆転でないまま最終回終了のホーンを聞いた。

結果、ジャッジ2人が29-28、残りの1人は30-27でガンバーリャンを支持、フェザー級転向後のUFC戦績が1勝4敗となった小見川、非常に厳しい状況に追い込まれることとなった。

PR
PR

関連記事

Movie