この星の格闘技を追いかける

【UFN52】ハント、五味、ジュリー、秋山、堀口の試合後コメント

2014.09.20

Takanori Gomi【写真】笑顔とともに厳しい表情を浮かべていた五味隆典(C)MMAPLANET

20日(土)に埼玉県さいたま市中央区さいたまスーパーアリーナ開催されたUFC Fight Night 52「Hunt vs Nelson」大会終了後にメインカードの勝者による記者会見が行われた。

会見にはジョー・カー国際戦略事業総括本部長他、マーク・ハント、五味隆典、秋山成勲、堀口恭司が出席し、記者陣の質問に受け応えをした。会見出席者たちのコメントをお届けしたい。

ジョー・カー
「来年はいくつかアジアでも大会を開催したい。新しい市場の開拓も視野に入れている。スケジュールはこれから検討したいと思います。(ヴァンダレイの引退報道について)良く知りません。いくつか噂は効きましたが確固たるものは分かりません。(韓国大会の開催について)優先的に見るべき市場だと考えているので、2015年は実現させる方向で考えたいと思っている。(今後の日本大会について)具体的な日時は決まっていないけど、9割以上、また日本に戻って来ることになると思っている」

マーク・ハント
「いい気分だよ。怪我もないから。(19ポンドした減量)いや。なんでそんな噂が立ったのか分からない。8ポンドか9ポンドくらいだよ(笑)。タイトルショットはやりたいけど、自分は前進したいだけ。ランク外の選手とやって負けたら大変だけど、それはボスが決めることだね。(ヴァンダレイの引退について)年だなと思ったよ。彼はグレートなファイターの一人で、次の人生に進んだじゃないかなと思ったよ。(ゲームプランについては?)やっつけてやるってくらいかな」

秋山成勲
「試合が終わってホッとしているのと勝利が良いものだということをこの年齢になって初めて感じました。(この2年7カ月は)正直、引退は考えてなくて試合が出来ると信じて練習を頑張っていました。ヴァンダレイの件は試合のあとに聞いたので驚いています。(世界中の女性ファンにメッセージをもらえますか?)うれしいですし、なんで人気があるか分かりませんが(笑)、もっともっと女性に人気がある選手になりたいです。ファイターだけど色んな方面で活躍できるファイターになりたいし、それが新しいファイターだと思います。今回はすごく身体の調子がよかったのですぐ練習を再開したいと思います。次の試合はボスが決めることだと思うので、それにしたがって動きたいと思います」

マイルズ・ジュリー
「五味選手に勝ったことは僕にとって大きなプラスです。自分の名前が確固たるものになる第一歩だと思います。(今後については?)あまりランキングには興味がないです。ファイターは正しいことをやればよくなるものだと思うし、いい成績を残せばタイトル戦が出来ると思う。五味選手はいつでも危険な相手で、他の人たちがこの勝利を評価しなくても、勝てたことは大きな勝利だったと思う。今日の勝利でドミニク・クルーズに勢いがつくことだし、みんな火がついて勢いに乗っていけると思います。ドミニクのフィジカルの状態は最高だよ。実際に試合になるまで分からないと言われるけど、僕が見る限り、彼は絶好調だよ」

五味隆典
「疲れました。(プロ初のKO負けについて)う~ん…どうも何もない。効いっちゃったからね。もっとやりたかったけど、そこを狙われたし。悔しいですけど。今後のことをゆっくり考えたいです。(ファンに向けて)すごくありがたいし、サポートしてくれた人も多かったし。2日後が誕生日で、最高の誕生日にしたかったけど、声援を送ってくれてありがたかったです」

堀口恭司
「ホッとしています。自分のやりたいことが出来て、良い試合が出来たかなと思います。(どのくらいでタイトルをやりたい?)すぐにでもやりたいですけど、社長が決めることなんで。早ければ早い方がいいかなと思います」

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie