この星の格闘技を追いかける

【UFN52】中井りん 「皆の未来を切り開くような気持ちでトライしたい」

Rin Nakai【写真】シャドー、そして誰よりも力の入ったパッディングを披露した中井りん(C)MMAPLANET

16日(火)、東京都新宿区・新宿のヒルトン東京・菊葉の間で20日(土)に埼玉県さいたま市中央区さいたまスーパーアリーナ開催されるUFC Fight Night 52「Hunt vs Nelson」に出場する日本人選手6名の公開練習が行われた。

徳留一樹、堀口恭司、金原正徳、中井りん、秋山成勲、五味隆典の順で各自3分間のワークアウト後に質疑応答があり、記者人の質問に受け応えをした。ここではミーシャ・テイトと対戦する中井りんの質疑応答の模様をお届けしたい。

――初参戦、今の気持ちや意気込みを教えてください。

「……。新しい世界に入りますので、新人のつもりで初心に戻って頑張りたいと思います」

――東京入りはいつからですか。

「さっきです(笑)」

――ミーシャ・テイトと戦うことで、これまでのメニューと比較して変えた部分はありますか。

「……、特に変えた練習はしていません。今まで通りです、ハイ」

――日本の女子格闘技界の先陣を切ってUFCで戦うわけですが、その意気込みを聞かせてください。

「日本やアジアの女性格闘家……、女性初のUFCファイターなので皆の未来を切り開くような気持ちでトライしたいと思います」

■UFN52対戦カード

<ヘビー級/5分5R>
マーク・ハント(ニュージーランド/6位)
ロイ・ネルソン(米国/8位)

<ライト級/5分3R>
マイルズ・ジュリー(米国/9位)
五味隆典(日本)

<ウェルター級/5分3R>
秋山成勲(日本)
アミール・サダロー(米国)

<女子バンタム級/5分3R>
ミーシャ・テイト(米国/2位)
中井りん(日本)

<ウェルター級/5分3R>
ストラッサー起一(日本)
リチャード・ウォルシュ(豪州)

<バンタム級/5分3R>
堀口恭司(日本/14位)
ジョン・デロス・レジェス(グアム)

<バンタム級/5分3R>
アレックス・カサレス(米国/10位)
金原正徳(日本)

<フェザー級/5分3R>
菊野克紀(日本)
サム・シシリア(米国)

<ウェルター級/5分3R>
イム・ヒュンギュ(韓国)
佐藤豪則(日本)

<バンタム級/5分3R>
田中路教(日本)
カン・ギョンホ(韓国)

<ライト級/5分3R>
徳留一樹(日本)
ジョニー・ケース(米国)

<フェザー級/5分3R>
マキシモ・ブランコ(ベネズエラ)
ダン・フッカー(ニュージーランド)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie