この星の格闘技を追いかける

【UFN52】徳留一樹 「後がない。しっかりと勝ちにいきたい」

Kazuki Tokudome【写真】パンチから組みつく流れを披露した徳留一樹 (C)MMAPLANET

16日(火)、東京都新宿区・新宿のヒルトン東京・菊葉の間で20日(土)に埼玉県さいたま市中央区さいたまスーパーアリーナ開催されるUFC Fight Night 52「Hunt vs Nelson」に出場する日本人選手6名の公開練習が行われた。

徳留一樹、堀口恭司、金原正徳、中井りん、秋山成勲、五味隆典の順で各自3分間のワークアウト後に質疑応答があり、記者人の質問に受け応えをした。まずはジェニー・ケースと対戦する徳留の質疑応答の模様をお届けしたい。

――今の調子はいかがですか。

「調子は大分疲れも抜けて来て、試合に合わせてベストになると思います」

――連敗中ですが、次の試合についてどのような意気込みで臨みますか。

「毎回言っているんですけど、後がない状態なので。今回はキッチリと勝ちに行こうと思っています」

――相手の印象は?

「やっぱり身長が高くてリーチがあるので、まぁ向き合って見ないと分からないのですが、そこらへんをしっかりと対処して、どれだけの距離かを重要視して行こうかと思います」

――相手の選手はUFC初参戦ですが、映像などはチェックされましたか。

「映像は一つ前の試合は見ました。まぁ、ローキックとか打撃が巧いので、そこだけは注意しようかと思っています」

■UFN52対戦カード

<ヘビー級/5分5R>
マーク・ハント(ニュージーランド/6位)
ロイ・ネルソン(米国/8位)

<ライト級/5分3R>
マイルズ・ジュリー(米国/9位)
五味隆典(日本)

<ウェルター級/5分3R>
秋山成勲(日本)
アミール・サダロー(米国)

<女子バンタム級/5分3R>
ミーシャ・テイト(米国/2位)
中井りん(日本)

<ウェルター級/5分3R>
ストラッサー起一(日本)
リチャード・ウォルシュ(豪州)

<バンタム級/5分3R>
堀口恭司(日本/14位)
ジョン・デロス・レジェス(グアム)

<バンタム級/5分3R>
アレックス・カサレス(米国/10位)
金原正徳(日本)

<フェザー級/5分3R>
菊野克紀(日本)
サム・シシリア(米国)

<ウェルター級/5分3R>
イム・ヒュンギュ(韓国)
佐藤豪則(日本)

<バンタム級/5分3R>
田中路教(日本)
カン・ギョンホ(韓国)

<ライト級/5分3R>
徳留一樹(日本)
ジョニー・ケース(米国)

<フェザー級/5分3R>
マキシモ・ブランコ(ベネズエラ)
ダン・フッカー(ニュージーランド)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie