この星の格闘技を追いかける

【UFC149】公開計量終了、ユライアにホームさながらの大歓声

21日(土・現地時間)、カナダはアルバータ州カルガリーのスコシアバンク・サドルドームで開催されるUFC149「Faber vs Barao」。大会前日の20日(金・同)には、公開計量が行われた。

UFC世界フェザー級選手権試合=ジョゼ・アルド×エリック・コクのメインイベントを皮切りに、カード変更が相次ぐ事態となった今大会だが、同バンタム級暫定王者決定戦=ユライア・フェイバー×ヘナン・ベラォンの一戦や、ベラトール世界ミドル級王者ヘクター・ロンバードの参戦など、最終的には見所の多いカードをラインナップしている。

そのロンバードは、UFC入りをアピールするかのように、UFCのロゴが入った帽子、パーカー、Tシャツを身にまとい、ファンとハイタッチをしながら意気揚々と登場。185.5ポンドで計量をパスすると神妙な表情のブーシュと向かい合った。

また、メインの暫定王座戦に出場する両者は陽気に入場するや、ベラォンはキャップを客席に投げ入れ、ファンの歓声で上回るユライアは笑顔で何度も手を挙げてみせる。計量は、ともに135ポンドで終えると、ユライアはベラォンを待たせて、ゆっくりと水分を補給した。

計量後も「いいトレーニング、準備をしてきた」というベラォンに対し、「興奮しているし、ここで戦えることが誇らしい」などと、カナダのファンに呼びかけるように語ったユライアは、ホームさながらの大歓声を浴びた。計量結果は下記の通りとなる。

■UFC149「Faber vs Barao」全対戦カード

<UFCバンタム級暫定王者決定戦/5分5R>
ユライア・フェイバー:135ポンド(61.23キロ)
ヘナン・ベラォン:135ポンド(61.23キロ)

<ミドル級/5分3R>
ヘクター・ロンバード:185.5ポンド(84.14キロ)
ティム・ブーシュ:186ポンド(84.36キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ショウン・ジョーダン:250ポンド(113.39キロ)
シーク・コンゴ:231ポンド(104.77キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ジェイムス・ヘッド:170ポンド(77.11キロ)
ブライアン・エバーソール:171ポンド(77.56キロ)

<ウェルター級/5分3R>
マチュー・リデル:170.8ポンド(77.47キロ)
クリス・クレメンツ:170ポンド(77.11キロ)

<ミドル級/5分3R>
コート・マクギー:185.5ポンド(84.14キロ)
ニック・リング:185ポンド(83.91キロ)

<バンタム級/5分3R>
ロランド・デローム:135ポンド(61.23キロ)
フランシスコ・リベラ:136ポンド(61.68キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
アンソニー・ペロッシュ:205.5ポンド(93.21キロ)
ライアン・ジーモ:205ポンド(92.98キロ)

<バンタム級/5分3R>
ミッチ・ギャノン:135ポンド(61.23キロ)
ブライアン・キャラウェイ:135.5ポンド(61.46キロ)

<フェザー級/5分3R>
ダニエル・ピネダ:145ポンド(65.77キロ)
アントニオ・カルバーリョ:145ポンド(65.77キロ)

<ライト級/5分3R>
ミッチ・クラーク:155ポンド(70.3キロ)
アントン・クィバネン:156ポンド(70.76キロ)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie