この星の格闘技を追いかける

【UFC92】世界戦、フォレスト&ノゲイラ共に苦戦は必至!?

(C) MMAPLANET27 日(土・現地時間)に、ラスベガスのMGMグランド・ガーデンアリーナで行われるUFC92『THE ULATIMATE 2008』。岡見勇信と長南亮が出場し、石井慧が現地を訪れることで日本でも注目の大会だが、もちろん米国のファンにとってのお目当てはPPVカードの世界戦2試合だ。

【写真】初防衛戦に向けて、エクストリーム・クートゥアーで調整に余念がない王者グリフィン (C) MMAPLANET

TUFシーズン1ライトヘビー級ウィナーのUFC世界ライトヘビー級王者フォレスト・グリフィンに、TUFシーズン2ヘビー級を制したラシャド・エヴァンスが挑む一戦は、日本ではさほど話題になっていないが、TUFによってMMAを知ったUFCファンにとっては待望の一番。王者フォレストも「TUFを制した者同士、興味深い試合になる」と語っている。


一方のエヴァンスは「自分たちの戦いは、ここがスタート。この1試合で終わるようなモノでない」と言い、フォレストを生涯のライバル視している。

(C) ZUFFA一見して、捉えどころのないタイプの王者は、元々は柔術がベースのファイターだが、打撃戦にも強さを発揮するオールラウンダーだ。一方のエヴァンスはミシガン州立大レスリング部出身のオールアメリカン・レスラー。名将グレッグ・ジャクソンの下で、そのフィジカルの強さを活かし、KOパンチ+キムラ・アームロックを得意とするMMAファイターに成長した。

戦術面では挑戦者陣営が一枚上手だが、フォレストはマウリシオ・ショーグン戦、先の王座を獲得したランペイジ・ジャクソン戦などビッグファイトの経験で上回る。

距離の取り合い、スタンド+テイクダウンで挑戦者、試合がもつれた場合に王者が有利、そんな世界ライトヘビー級戦になることが予想される。

もう一つの世界戦が暫定ヘビー級選手権試合ノゲイラ×ミアは、好評を博したTUFシーズン8のコーチ対決。エフレイン・エスクデロ&ライアン・ベイダーとチーム・ノゲイラ勢がシーズンを制しているが、この暫定防衛戦も王者ノゲイラ優勢と見る声が多い。

ただし、ノゲイラは昨年7月のUFCデビュー以来、敗北こそ喫していないものの、2試合とも逆転勝ちでPRIDE時代の強さを発揮していないのも事実。対するミアは、この試合の勝者が戦うブロック・レスナーに勝利しており、シーズン8のコーチ役で垣間見せた図太さが、勝負強さにつながるような錯覚すら起こさせる。

意外にもミア勝利も十分に考えられる暫定ヘビー級世界戦といえるのではないだろうか。

■UFC92対戦カード

<UFC世界ライトヘビー級選手権試合/5分5R>
[王者]フォレスト・グリフィン(米国)
[挑戦者]ラシャド・エヴァンス(米国)

<UFC世界ヘビー級選手権試合/5分5R>
[暫定王者]アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(ブラジル)
[挑戦者]フランク・ミア(米国)

<ミドル級/5分3R>
CB・ダラウェー(米国)
マイク・マッセンツィオ(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ヴァンダレイ・シウバ(ブラジル)
ランペイジ・ジャクソン(米国)

<ヘビー級/5分3R>
チーク・カンゴ(フランス)
ムスターファ・アルトゥルク(英国)

<ミドル級/5分3R>
岡見勇信(日本)
ディーン・リスター(米国)

<ヘビー級/5分3R>
アントーニ・ハードンク(オランダ)
マイク・ヴェッセル(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
マット・ハミル(米国)
リース・アンディ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
長南亮(日本)
ブラッド・ブラックバーン(米国)

<ヘビー級/5分3R>
ダン・エバンセン(米国)
パット・バリー(米国)

(文中写真(C)ZUFFA)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie