この星の格闘技を追いかける

【UFC FUEL04】ドスアンジョスに軍配、テイクダウン主体にペース握る

<ライト級/5分3R>
ハファエル・ドスアンジョス(ブラジル)
Def.判定3-0:30-27, 30-27, 29-28
アンソニー・ンジョグアーニ(米国)

サウスポーのドスアンジョスが、右へ回り、アウトサイドへ出ようとする。そうはさせじと、左へ動き正面に立つンジョグアーニは、ローを受けてなお、右ミドルを放っていく。だが、左ストレートをヒットさせたドスアンジョスは、組みついてバックへ。腰をコントロールして、しっかりとテイクダウンを奪う。

背中を預けながら立ち上がり、胸を合わせたンジョグアーニ。ドスアンジョスは、左アッパーを見せる。下がりながら右ミドルを見せたンジョグアーニは、なかなかペースを握ることができない。ローをフェイントに、右を伸ばすドスアンジョスは、左ストレートから左ミドルへ。ボディを打ち込んでダブルレッグも見せるなど、テイクダウンには結びつかなかったが、流れのある攻撃を見せた。

ンジョグアーニも左ローを蹴り込むが、ドスアンジョスのペースは変わらず、彼にすればストレスの溜まる展開が続く。

2R、ンジョグアーニの右ハイをブロックしたドスアンジョスが左を伸ばす。左へ回り、左から右フックをヒットさせたドスアンジョス。ンジョグアーニの攻撃が良く見えているようだ。

すると、ダブルレッグでテイクダウンを奪ったドスアンジョスは、立ち上がったンジョグアーニのバックを制する。正面に回ったドスアンジョスは、腰をコントロールしてスラム気味にクリーンテイクダウンを奪う。ンジョグアーニがブリッジをすると、そのまま背中を取ったドスアンジョスは、ンジョグアーニの小手投げを耐え再びテイクダウンを奪う。
ハーフからギロチンを仕掛けたドスアンジョスに対し、そのままマウントを奪ったンジョグアーニ。ドスアンジョスのブリッジには無理せず、スタンドに戻すと、2回がタイムアップに。

最終回、左回りを続けるドスアンジョス。ンジョグアーニもショートをヒットさせるが、体が開いて左ミドルを打った際に、ドスアンジョスの左を顔面に受ける。打撃のプレッシャーを与え、ンジョグアーニが前に出てくるや、組みついてリフトアップ。ここはテイクダウンにはならなかったが、続く打撃戦の攻防なかでダブルレッグ・ダイブを決める。

マウントを狙いつつ、パンチでンジョグアーニを削るドスアンジョス。ケージにンジョグアーニを追い込んでパウンドを落としてく。何とか立ち上がったンジョグアーニだが、ここで試合終了のゴングを聞いた。結果は勿論、3-0でドスアンジョスに軍配が挙がった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie